アリシア・ヴィキャンデル

写真拡大

人気アクションシリーズ『ジェイソン・ボーン』でヒロインのヘザー・リー役を演じるアリシア・ヴィキャンデルが初来日し、9月29日に八芳園で行われた来日記念イベントに登壇した。

[動画]オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルが初来日。小さい頃から村上春樹ファン

ヴィキャンデルは、エディ・レッドメイン主演の『リリーのすべて』で、見事アカデミー賞助演女優賞を受賞。そんなオスカー女優を和の雰囲気でおもてなしすべく、会場には日本庭園の美しさが魅力の八芳園内にある「白鳳館」が選ばれた。

進行役として会場に現れたのはトレンディエンジェルの2人。和な雰囲気の会場にちなみ、2人は紋付袴姿で登壇。「今日はちゃんとおもてなしできるんですか?」(たかしさん)、「誰だと思ってんだ。斎藤さんだぞ!」(斎藤さん)とお馴染みのギャグでさっそく会場を沸かせた。

続いてヴィキャンデルが登場。彼女は手を合わせると「みなさんこんにちは。アリシアさんだぞ!」と日本語で、斎藤さんと同じように挨拶し照れ笑い。これには会場もトレンディエンジェルの2人も大盛り上がりだった。

初来日の印象を聞かれると「幼い頃に父から村上春樹を教えてもらい、それ以来、大ファンです。いつか一緒に行きたいねと父と話していました。今回、父が一緒じゃないのが残念ですが、一番行きたいと思っていた国に来られてハッピーです」と話した。

また、日本のCMでも有名なトミー・リー・ジョーンズの話題になると、「そのCMの話は昨日知りましたが、まだ見ていません。聞くところによると彼がはエイリアンを演じているんですよね?」と話し、「本当に尊敬している俳優さんです。最初は少し恐い印象だったんですけど、ある日、彼からこっちに来たまえと呼ばれ、恐る恐る行ってみると、iPadを取り出し『見てくれ、昨日仔馬が生まれたんだよ』と写真を見せてくれたんです。そこから30分も話をして、以降、とても仲良くなりました」とのエピソードを披露した。

さらにマット・デイモンの仕事に対する姿勢に感銘を受けたようで「彼からは言葉というよりも、仕事に向かう姿勢で学びました。彼は本当に地に足をつけた俳優で、この作品の撮影に入る1年前から準備に入っていたんです。私は(次回作の『トゥームレイダー』リブート版に向けて)これからトレーニングに励みますが、彼から学んだ仕事に対する姿勢を生かしていきたいです]と述べていた。

『ジェイソン・ボーン』は10月7日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開となる。