コームはお風呂で使うと、髪サラツヤになる

写真拡大

くせっ毛だし、広がるし、雨ふったらうねるし。

まったくもって扱いにくい私の髪。

いままであれこれトリートメントを試してきましたが、アイテムは同じなのに髪がまとまる日と、まとまらない日がありました。

どうやら、塗布の仕方に原因があるよう。トリートメントをするときは、いかに髪1本1本にいき渡らすことができるかがポイントとのこと。

トリートメントはコームで伸ばす

トリートメントはシャンプーと違って泡立たないため、ムラづきしやすいもの。手でつけただけでは、たくさんついているところと、まったくついていないところができてしまいます。

そこでコームが活躍。コームを使えば、髪全体に均一にトリートメントを塗布することができます。簡単です。さらに、毛先を手でギュッと握るようにすると、圧がかかってさらに浸透力がアップするそう。

さらに余裕があるなら「ためすすぎ」

トリートメントを髪全体にいき渡らせたら、シャワーしてすすいでもいいのですが、さらなるサラツヤ髪を求めるなら「ためすすぎ」を。美容師さんがたまにやってくれる「チェンジリンス」という方法です。

1.桶に少量のお湯をためる

2.手でお湯をすくって髪にかけ、そのお湯を桶に戻す

3.この作業を何回か繰り返す

トリートメントが溶けこんだお湯が髪にかかることで、髪1本1本までいき渡るそう。

ドライヤーで髪を乾かせば、指通りのちがいにうれしくなります。

こちらも読まれています

今さらじゃなくて、今から。血色感チークが大人のデビューに自信をくれた #sponsored

・もしバービーがダイソンのドライヤーを使ってみたら... #もしドラ

・秋は髪が生え変わる季節。1分からできる美髪ケア

写真/Shutterstock

※この記事は2015年4月に掲載されたものを再編集しています。