仕事帰りに、まっすぐ家路につくのはなんだか味気ない。そんな日だって、きっとあるはず。

侘しい時間を過ごさないために、ちょっと大人な夜の遊び場をご紹介していきましょう。題して、【夜活部】。

記念すべき第1回は、ここ。


「新宿ゴールデン街」です。世界有数の繁華街である歌舞伎町のとなりに、ひっそりと佇む新宿ゴールデン街は、一度行ったらどっぷりハマってしまう、不思議な街。今日も日本中、いや世界中からやってきた人たちで賑わっています。

迷路のように入り組んだ通りに、200以上の飲食店がズラリ。いろんなお店を渡り歩いて、その中からお気に入りを見つけていくスタイルです。

今回は、初めていくなら「とりあえずここに行っておけば間違いないお店」を厳選してお届けします。

 

■ゴールデン街の老舗・シャドウ

花園神社裏、交番の前の通りに面したお店。紫色の「シャドウ」という看板が目印です。

1984年にオープンした、ゴールデン街の老舗です。店内に入ると、優しいお姉さんと常連客の方々が迎え入れてくれます。


チャージは1,000円、ドリンクは600円から。お手製のおつまみがでてきます。この日はコールスローと卵焼きでした。

マスターお手製のパンもいただけるのですが、これが本当に絶品! 一度食べたらやみつきになってしまいます。

 

■日本一敷居の低い文壇バー


ゴールデン街は作家、編集者、映画監督、俳優といった文化人が多く集まり、サブカルチャーの発信地としても知られています。そんな中、ぜひ訪れてほしいのが、プチ文壇バー「月に吠える」です。

店内には新旧の名作がズラリ。本好きにはたまらないお店です。


チャージは500円、ドリンクは700円から。「印税生活」など、ユーモアあふれるオリジナルカクテルも用意してあります。

せっかくゴールデン街にきたのなら、“ならでは”のお店を楽しんでみるのもアリですよ。

 

■〆はラーメンで!


最後はやっぱりラーメンで〆ましょう。

歌舞伎町の有名店まで足を伸ばすのもいいけど、おすすめはゴールデン街にある「煮干ラーメン」専門店、凪。濃厚かつ、丁寧に仕上げた煮干しラーメンを味わうことができます。

絶妙な食感の太麺と、煮干しが効いたスープがたまらない!

女性だと〆のラーメンを食べきれない……なんていうこともあるかと思いますが、そんな心配をすることはありません。濃厚だけどあっさりと食べやすいので、あっという間にぺろりと平らげてしまう、そんな絶品ラーメンです。

 

まだまだ新宿ゴールデン街の魅力をお伝えしたいところですが、今回はここまで。

ワイワイした雰囲気を楽しみたいなら金曜、土曜に、落ち着いてしっぽり飲みたいなら日曜、平日を狙っていきましょう。その独特の雰囲気に、あなたもきっと魅了されてしまうはずですよ。

【関連記事】

※ 【大人な夜】コスパ大満足!帝国ホテルの「ミッドナイトハイティー」であま〜い特別な夜を

※ ワインとスイーツが楽しめる♡アジア初「夜のスタバ」が丸の内にNewオープン

※ うわーっ、エロい!男性が思わず食いつく「お酒の飲み方」4つ

※ 男性1,618人に聞いた!飲み会でモテるのってどんな子?

※ じらし、焦らす…彼をトリコにする愛撫テク【淑女のベッドマナー#4】