日本時間9月30日午後7時39分、欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機「ロゼッタ」がチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に衝突し、ミッションを終えました。


ロゼッタは、太陽系ができたばかりの頃から、含まれる物質や姿が変わらないと言われる「彗星」を探査し、太陽系の歴史を知ることを目的とした探査機です。2004年に打ち上げられ、10年かけて彗星に到達し、周回軌道に入りました。


ロゼッタは周りから彗星を観測するだけではなく、小型の着陸機「フィラエ」を搭載しており、2014年にロゼッタから投下され、史上初めて彗星に着陸しました。しかし、フィラエは着陸に失敗してしまい、機体が見失われてしまいます。それから2年経った今月2日、ミッション終了間近のロゼッタが初めてフィラエを見つけ、撮影したことが話題になりました。



30日の午前5時50分、ロゼッタが彗星に衝突するための、エンジンの噴射が行われました。


 


そして、午後7時39分にロゼッタが彗星に衝突しました。地球から彗星までの距離は約7億2000万キロあるため、40分後にロゼッタからの電波が途絶え、衝突が確認されました。



ロゼッタは衝突するまでの間にも、彗星表面を撮影し、すでにいくつかの鮮明な画像があげられています。今後、届いた画像や衝突までデータの解析など、研究が行われていきます。



約12年半のミッションを衝突という形で終えたロゼッタ。今はただ、「お疲れさま」と声をかけてあげたいですね。


 


Image Credit:ESA


■European Rosetta spacecraft poised for comet crash landing


https://astronomynow.com/2016/09/29/rosetta-missions-dramatic-finale-in-comet-67p-crash-landing-on-30-september/?utm_source=rss&utm_medium=rss