写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「Spotify」とは
世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify」(スポティファイ)が29日、日本市場に向けて提供を開始した。4,000万曲以上の楽曲がスマートフォン、タブレット、PC、PS4などで聞き放題になる。都内では同日、記者説明会が開催された。

○Spotifyのサービス概要

説明会の冒頭、スポティファイCEOで創業者のダニエル・エク氏と、スポティファイジャパン代表取締役のハネス・グレー氏が登壇して挨拶した。スポティファイは2008年にスウェーデンで創業されたデジタル音楽サービス企業。現在、グローバルで1億人以上がSpotifyを利用しており、そのうち4割は有料会員となっている。有料会員の数についてハネス氏は「グローバルで競合する他社サービスの約2倍の規模」と説明した。視聴できる楽曲は4,000万曲以上で、世界中の音楽ファンが作成した20億を超えるプレイリストを利用できる。

ユーザーの視聴履歴に基づいたプレイリストを毎週月曜日に更新するDiscover Weekly、ユーザーがフォローするアーティストの情報などに基づいたプレイリストを毎週金曜日に更新するRelease Raderなど、独自のレコメンド機能を搭載。これにより、まだ知られていないアーテイストの発掘にも寄与していく。お気に入りの楽曲はLINEやFacebook、TwitterといったSNSを通じて簡単に共有できる仕様。このほか、モバイル機器での視聴時には「歌詞」を見ながら音楽を聞けるユニークな機能も用意した。これは世界に先駆けて日本市場に向けて導入するものだという。

料金プランには、ストリーミング中に定期的に広告が流れる無料の「Spotify Free」と、全ての機能を広告なしに利用できる月額980円(税込)の「Spotify Premium」を用意。Spotify Premiumでは320Kbpsで音楽が楽しめるほか、オフライン視聴や、楽曲のダウンロードにも対応する。プレミアムプランの支払いはクレジットカード、キャリア決済(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)、コンビニエンスストア店頭、オンラインバンクなどに対応している。

●音楽産業の発展に寄与したい
○音楽産業の健全な発展に寄与

この後に登壇したスポティファイ ディレクターオブプロダクトのデイブ・プライス氏は、プレイリストやシャッフルプレイの使い方、検索バーを使ったアーティストの検索方法などをデモを交えて紹介。Spotifyの特徴を「聞けば聞くほど、オススメの音楽を把握していく」と説明した。続いてスポティファイジャパン ライセンス&レーベルリレーションズディレクターの野本晶氏が登壇。日本の音楽市場の現状について、野本氏は「有料サブスクリプションサービスの成長によって、デジタル配信における収入が伸びている。Spotifyではこの先の数年で、これをさらに伸ばしていきたい。音楽産業の健全な発展に寄与できると約束する」と話した。

野本氏は「デジタル配信がレコード産業の収益の45%まで上昇している。世界60カ国で展開するSpotifyでは、レーベルやアーティストなど音楽業界に累計5,000億円を還元できる」と説明する。スポティファイジャパンでは今後、アーティストと1億人のユーザーを結びつけ、新しい音楽やアーティストとユーザーの出会いの場を提供し、音楽産業における新たな収益源を確立していく方針だという。

○日本の音楽文化を世界に

最後に、スポティファイジャパン代表取締役社長(就任予定)の玉木一郎氏が登壇。玉木氏は、3つの公約を果たすと約束した。まずは「日本の音楽ファンを世界中のアーティストと結びつける。楽しいとき、悲しいとき、嬉しいときに、その気持ちに沿った音楽を配信していく」。次に「日本で活躍する音楽の才能あふれるアーティストの楽曲を世界中に届けることで、日本の音楽業界に貢献し、ひいては日本の音楽文化を世界に伝えていく役割を果たす」。最後に「音楽をいつでもどこでも楽しめるSpotifyのサービスを実現するため、あらゆるパートナー企業と一緒になってサービスに適した環境をつくっていきたい」と力を込めた。

○他社サービスとの差別化は?

説明会の終了後、スポティファイジャパンのハネス・グレー氏、および野本晶氏が囲み取材に応じた。目標とする収益の規模について聞かれたハネス氏は「まだ将来的な数字を口にするのは時期尚早だと考えている」と回答。日本市場はアメリカに次ぎ2番目に大きな音楽産業規模で、「今回のローンチをきっかけに、まずは日本での足場を確実なものにしていきたい」と説明した。

今後の参加が見込まれている邦人アーティストについて聞かれると、野本氏は「音楽ストリーミングサービスに参加するかどうか、まだ決断できていないアーティストをこれから口説いていければ」とコメント。

Apple、Google、LINEなど競合他社はすでに音楽配信サービスを本格化させている。これについて聞かれると、ハネス氏は「ほんの2年前にはスタートしていなかったプレイヤーが次々に参画している。ただ、私たちは無料プランと有料プランを用意しており、その点で他社サービスと差別化できているのではないか」との考えを示した。無料プラン利用者の広告収入と、有料プラン利用者からの収益の割合については「比率では見ていない。1億人の利用者のうち4,000万人が有料会員だとしか申し上げられない」(ハネス氏)。

○日本の音楽シーンはドイツと似てる?

日本の音楽について聞かれると、ハネス氏は「様々なジャンルがあり多様。Spotifyではジャンルの境目をなくして、広範囲にわたる音楽セレクションの中から、ミックスしたプレイリストを提供していく」と回答。野本氏は「世界では毎日2万曲の楽曲が追加されている。日本のアーティストの楽曲も積極的に追加していきたい」と話した。

日本市場のユニークな点について聞かれると、ハネス氏は「全部は言い尽くせないほどユニークな特徴が多い。ひとつ言えるのはドイツにおける市場と似ているということ。ドイツでは売上の主流がCDだったが、CDの売上が減った。しかし現在、その減少分をデジタル配信による売上で相殺している。これにより音楽業界がスムーズに移行しつつある。日本市場も、そうした方向に向かうのではないか」との見方を示した。

(近藤謙太郎)