写真提供:マイナビニュース

写真拡大

名古屋鉄道は「鉄道の日」に合わせ、今年デビュー30周年を迎えた5700系・5300系を記念した乗車券とミューチケットカードを10月8日に発売する。

記念乗車券は5700系・5300系の車両を描いた専用台紙に、江南駅と五ノ三駅をそれぞれ発駅とする硬券片道乗車券各1枚をセットにしたもの。江南駅は5700系、五ノ三駅は5300系にちなんだ。発売額は1セット1,100円で、1,500セット限定。発売期間は10月8日から2017年3月31日まで。

記念ミューチケットカードは、特別車両券(ミューチケット)と引き換えられるカード型ミューチケット引換券2枚のセットで720円。500セット限定で、発売期間は10月8日から11月30日まで、引換期間は10月8日から12月25日まで。記念乗車券、記念ミューチケットカードともに豊橋駅、金山駅、犬山駅、名鉄名古屋駅サービスセンターなどで販売する。どちらも購入は1人1回5セットまでで、なくなり次第販売終了となる。

名鉄5700系は1986年に本線系の急行用車両としてデビュー。車掌台側のガラスを大きくして「パノラマカー」以来の伝統である前面展望を確保したほか、片側2扉の転換クロスシート車でありながら両開き扉を採用していることなどの特徴を持つ。5300系は、5700系と同じ車体に、5000系・5200系の台車・一部機器を組み合わせた車両だという。

(佐々木康弘)