写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『クレヨンしんちゃん』25周年を記念し、作品の舞台である埼玉県春日部市を中心とした記念企画「オラのマチ春日部にくれば〜」が11月3日からスタートする。企画の一環として、東武スカイツリーラインに『クレヨンしんちゃん』ラッピング電車が登場する。

記念企画はクレヨンしんちゃん25周年記念プロジェクト実行委員会が主催し、埼玉県、春日部市、東武鉄道の3者が共催として協力。今回のために描き起こした『クレヨンしんちゃん』オリジナルデザインを使用し、春日部市を盛り上げる各種プロモーションを展開する。

ラッピング電車は東武スカイツリーライン50050型(東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線直通列車)を使用。しんちゃんと「かすかべ防衛隊」が鼓笛隊となったデザインを外観に施す。運行期間は約半年間の予定で、運行初日の11月3日には春日部駅で出発式を行う。

春日部市内では、春日部市コミュニティバスによる「クレヨンしんちゃんラッピングバス」が3台登場。こちらもしんちゃんと「かすかべ防衛隊」を描いたデザインで、11月3日から粕壁〜幸松地区ルート、春日部駅西口〜増戸・豊春駅ルート、庄和地区北・南ルートを運行。運行初日の11月3日に春日部駅東口で出発式を開催する。

記念企画ではその他、『クレヨンしんちゃん』の世界観を表現したカフェの期間限定出店(東京ソラマチ)、原作複製原画の特別展示(ララガーデン春日部)などの催しが実施される予定となっている。

(佐々木康弘)