濃厚な抹茶アイスからさっぱりほうじ茶のパフェまで♪ 都内の日本茶スイーツ6選

写真拡大

ほっこりできる飲み物といえば日本茶。今回は都内で食べられる、日本茶を使った和風スイーツをご紹介します。濃厚な抹茶のジェラートやケーキや香ばしいほうじ茶のパフェなど、お茶の魅力を活かしたスイーツをしっとり味わいましょう。

茶々工房の「抹茶クリームあんみつ」

高田馬場駅の喧噪から少し離れたところにあるカフェ「茶々工房」。茶葉のおいしさを最大限に生かした日本茶と、和の食材をたっぷり使った甘味が楽しめます。抹茶アイスと抹茶寒天が乗った「抹茶クリームあんみつ」(メイン写真)は、少し渋めの抹茶蜜をかけていただく抹茶づくしのスイーツ。アイスやあずきの甘さと、抹茶の渋みのハーモニーがたまりません。

茶の愉の「ほうじ茶パフェ」

吉祥寺にある「茶の愉」は、多彩なお茶メニューが人気のカフェです。茎ほうじ茶のゼリーとアイスがデコレーションされた「ほうじ茶パフェ」は、茎ほうじ茶の香りを存分に感じることができます。トッピングの大学芋や小豆餡、白玉、ごまのスティックパイなど、最後まで楽しめます。

世界一濃厚な抹茶ジェラート。「プレミアムNo.7」

浅草のお茶問屋「壽々喜園」の一角にある「ジェラートショップ 壽々喜園×ななやコラボショップ」。販売されている抹茶ジェラートは、抹茶の濃さがNo.1〜プレミアムNo.7まで7段階で、「プレミアムNo.7」が噂の“世界一濃厚”な抹茶ジェラートです。どこにもないほど濃さを追求した「No.7」は、「No.1」の7倍もの抹茶が使用されていて、抹茶好きにはたまりません。

神楽坂 茶寮 本店の「和栗と抹茶のモンブランタルト」

風情ある街並みと、おいしい飲食店が軒を連ねる神楽坂。その路地裏にある「神楽坂 茶寮 本店」は、民家を改装した素敵なカフェです。ケーキは常時7種類あり、「和栗と抹茶のモンブランタルト」は人気の定番。抹茶と栗のクリームのハーモニーが楽しめます。散策の途中で立ち寄って、パフェやフォンデュなど、抹茶づくしのスイーツをどうぞ。

自家焙煎ほうじ茶の店 森乃園の「ほうじ茶尽くしセット」

人形町にある大正3(1914)年創業のほうじ茶専門店「自家焙煎ほうじ茶の店 森乃園」。2階の喫茶では、ほうじ茶を使ったオリジナルスイーツがいただけます。「ほうじ茶尽くしセット」は、人気のほうじ茶パフェ、ほうじ茶わらび餅、ほうじ茶ぜんざいの3種類がセットになったスイーツセットです。極上ほうじ茶を心ゆくまで味わいましょう。

表参道 茶茶の間の「茶茶の間パフェ」

「表参道 茶茶の間」は、日本茶ソムリエが淹れる「日本茶」の奥深い味わいに出会える日本茶専門店。ぷるんとした手炒り焙じ寒天、抹茶アイス、白玉やあずきものった「茶茶の間パフェ」は、いろいろな味が楽しめます。ソムリエが丁寧に淹れるパフェとセットの「本日のお茶」も嬉しいですね。

*****
飲むのはもちろん、たべてもおいしい日本茶スイーツ。和風にほっこり癒されます。ぜひ参考に出かけてみてくださいね。

ことりっぷの最新記事