29日、英BBCは、中国人バイヤーが「縁起が良い」ただそれだけの理由で、豪シドニーのオフィスビルを88888888.88豪ドル(約69億円)で買い上げたと伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年9月29日、参考消息網によると、英BBCは、中国人バイヤーが「縁起が良い」ただそれだけの理由で、豪シドニーのオフィスビルを88888888.88豪ドル(約69億円)で買い上げたと伝えた。

中国語の「8」は、その発音が「発財(金持ちになる)」の「発」と似ているため、縁起が良い数字とされている。

この物件を扱ったシドニーの不動産会社、Coliers Internationalの担当者は、BBCの取材に対し、「中国人バイヤーが提示額に8を並べるのは今回が初めてではない」と話している。

BBCは「シドニーは、スイス金融大手UBSが住宅バブルに陥るリスクが最も高い都市の一つに挙げたばかりだ」とした上で、「バイヤーは値引き交渉をするのが常だが、この中国人が求めていたのは縁起の良さだけかもしれない」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)