<歩きながら話すだけ>ビジネスが登場(shutterstock.com)

写真拡大

 先日、英国の新聞『ガーディアン』に、一人の男が紹介された。米ロサンゼルスに住むチャック・マッカーシー氏の展開するビジネスが注目されたのだ。

 マッカーシー氏のビジネスは、ただ、お客と一緒に歩きながら話しをすること。その距離に応じて、料金が加算される。メインユーザーは、働き盛りの20〜50代だ。

 レンタルフレンドやレンタル彼女といった「交際ビジネス」は、今や世界的に台頭しているが、マッカーシー氏の提供するサービスは、遊ぶでもなく、デートするでもなく、ただ歩きながら話すだけ。

 いたってシンプルで、交際ビジネスの原点といえる。それでもニーズが高まり、一人で始めたビジネスも、今では5人のスタッフで運営している。

 交際ビジネスというと、一般的には眉をひそめられがちだが、疾病予防の観点では、高齢者の訪問サービスと本質的には変わらないかもしれない。

 英国で大手のNPO財団『メンタルヘルス・ファンデーション』の報告によると、18〜34歳の若者は、55歳以上の中高年より孤独に苦しむ傾向があるという。そして、若者の方が孤独から孤立感が強まり、病気になりやすくなるそうだ。孤独が影響をする病気の多くは、長年の積み重ねだ。

 たとえば、60代で心疾患になりたくなければ、20代のうちから人との交流を持っておくと予防になるという。

 米ブリガム・ヤング大学の研究グループが昨年発表した研究報告も有名だ。300万人分のデータを分析し、「孤独による死亡リスクは、1日15本のタバコを吸うことや、アルコール依存症と同等」「肥満よりも健康リスクが高い」という報告を挙げている。

 同チームは、孤独の解消法として、「メールやSNS、オンラインは効果があるかもしれないが、機微のあるやりとりや感情面の深さは期待できない」としている。

 近年は、「おひとりさま生活」や「ぼっち充」で自分らしく生きることが評価されがちだ。ラクで幸せかもしれないが、同大学の研究では、「一人でいても幸せを感じている」と答えた人でも死亡リスクが高いことを明らかにしている。主観に関わらず、孤独は健康を害するようだ。
交際ビジネス急成長のターゲットは<孤独な若者>

 <若者なら社会に飛び込んで自分で友だちや恋人を探せばいい>と思われるかもしれない。しかし、今の世相を見るかぎり、それが難しい世の中なのはまちがいない。

 独身一人暮らし、家族と同居でも関係が希薄、職場にはプライベートを持ち込みたくないし、腹を割って話せる友人が身近にいるわけでもない、それが若者の実態だ。

 がんばって巷のパーティーやサークルに参加したとして、そこで信用できる人を見つけたり、長くつきあえる関係を築くのは、相当のエネルギーがいる。

 また、公的サポートには期待できない。孤独な若者の大半は、10代の放課後プログラムを使う年齢ではない。電話やメールのヘルプラインを使うほど行き詰まっているわけではない。ただ孤独なのだ。

 交際ビジネスは、決して手放しで賞賛できるものではないかもしれないが、確実に社会のニーズを満たしており、今、急成長している。ターゲットは、孤独な若者だ。

 米カリフォルニア大学バークレー校の社会学者、アーリー・ラッセル・ホックシールド氏曰く、<私たちが、年老いた両親の介護に、愛犬の散歩に、子どもの世話にお金を払うように、孤独を深めないためにお金を払う、という時代になっている>という。

 孤独の解決は公的なサポートではなく、むしろ民間市場だそうだ。

 最初は躊躇するかもしれないが、一歩踏み出してしまえば、交際ビジネスの利用は案外とラクかもしれない。身近な人よりも、よほど守秘義務が保たれているし、自己を評価されるわけでもないし、気を許しやすいといえるだろう。

 だが、デートや遊びに行くのはお金がかかるし、非日常的な時間といえる。ちょっとした空き時間に一緒に歩いて話をする。ただそれだけのマッカーシー氏のビジネスは、まるでスポーツジムに行くような、日常の一コマとしてのサービスが心身の健康にいい、と注目されている。

 残念ながら、日本の交際ビジネスの相場は1時間数千円以上。マッカーシー氏のようなお手頃価格の交際ビジネスは、まだ登場していないようだ。

 本来であれば、孤独の元凶といえる、若者の貧困化を解消できればいいのだが、問題が大きすぎる。目下のところ<孤独の解消>が、個人の健康、ひいては社会全体の健康度を高める近道かもしれない。
(文=編集部)