写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは9月30日、有機ELディスプレイのパイロットライン構築に向け約574億円を投資すると発表した。

有機ELディスプレイはバックライトとカラーフィルターを必要とする液晶ディスプレイに比べて薄く・高輝度・色鮮やかなディスプレイとなりうることからスマートフォンや車載向け、薄型テレビなどでシェア拡大が見込まれている。また、紙のように丸めたり、折り曲げたりできるフレキシブル有機ELディスプレイが実現すれば、製品のデザインや用途の変革につながると考えられている。

シャープは今回、三重事業所および堺事業所に有機ELディスプレイのバックプレーン工程、有機EL工程、実装工程の設備を導入し、本格的な量産に向けた生産ノウハウの蓄積や歩留まり向上など生産技術の開発を行う。また、小規模な生産も行い、製品を出荷する。同パイロットラインは2018年4~6月の稼働を開始する予定だ。

(神山翔)