老舗西陣織の細尾が鬼才デヴィッド・リンチにオマージュを捧げる展覧会開催

写真拡大

 映画監督で画家としての評価も高いデヴィッド・リンチ(David Lynch)と、1688年創業の西陣織12代目の細尾真孝がコラボレーションする展覧会「DAVID LYNCH meets HOSOO『螺旋状の夢_ 夢見るように目覚める』展」が、表参道GYRE内のギャラリーEYE OF GYREで開催される。会期は10月7日から11月13日まで。 鬼才デヴィッド・リンチ×老舗西陣織「細尾」の画像を拡大

 同展では、渦を巻くように描かれているデヴィッド・リンチの絵画作品「SPIRAL」にインスパイアされた細尾が、GYREの建築構造と重ね合わせ、伝統技術とデジタルテクノロジーを融合した西陣織の技術を駆使して「SPIRAL」をテーマに会場全体を形成。重層的世界と多層的世界が融合した新たな「渦巻き(還流)」を創出し、リンチへオマージュを捧げる。監修は飯田高誉と生駒芳子が担当。リンチは「螺旋は上昇・下降を繰り返す円環である。この螺旋は、私にとって進化を表象する円環なのである」とコメントしている。■DAVID LYNCH meets HOSOO 「螺旋状の夢_ 夢見るように目覚める」展会期:2016年10月7日〜11月13日時間:11:00-20:00会場:EYE OF GYRE住所:渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F電話番号:03-3498-6990