料理は趣味と公言するももクロ・有安さんの腕前が大惨事すぎると話題に

写真拡大

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーの一人、有安杏果さんの趣味が「料理」であることを、自身のブログで綴っています。

 クッキーを作るにしても、なんと今ブームのナッツを抱っこする「ナッツクマ」をササッと作ってしまえるほどだとか。その腕前にはファンならずとも期待が高まります。

 今年の春に、おばあさんから送られてきたという野菜を見て“料理熱”に火がついたという有安さん。早速、大根を使ってぶり大根に挑戦! お母さんに教わりつつも、美味しく作ることができたのだそうです。ほかにも両親には「餃子」が好評だったそうですよ。

 しかし、そんな有安さんが出演するテレビ番組「ももクロChan」(テレビ朝日系)のワンコーナー「杏果の大喜料理」で披露する料理は「おぞましい」と評判は散々。

 例えば、片栗粉の固まった「あんかけ焼きそば」や、こんにゃくを使った生臭い「ミックスケチフライ」、フニャフニャの焼き餃子などは衝撃的な仕上がり。果たして本人が自負するほどに「料理上手」なのか、番組を見る限りでは甚だ疑問です。

 コレに懲りず(?)これからも披露されるであろう有安さんの料理の腕前‥‥その謎は深まるばかりです。