空き缶をアンティーク風に!リメイク缶のおしゃれなアイデア集

写真拡大

最近のリメイクやDIYの人気に合わせて注目されているリメイク缶。インテリア雑誌などでよく見かけて気になっている方も多いのでは?「自分もリメイク缶を作ってみたい!」という方必見の作り方&アイデアをご紹介します。



元の記事を見る

リメイク缶とは

■ リメイク缶 基本の作り方
【材料】
・缶
・ペンキ
・刷毛
・転写シート


塗料のノリを良くするため、缶の表面にやすりをかけます。書いてある文字が不要な場合は消しておきましょう。


刷毛を使って好きな色に塗りましょう。写真では水性塗料を使っています。塗ったら乾かしておきましょう。


塗料が乾いたら転写シートで模様を付けます。貼る時は空気が入らないように注意しましょう。木べらを使うと上手に貼れます。


用途にかかわらず、縁が丸くなっている缶を使うのが安全です。広さや深さに合わせて好きに飾りましょう。バター缶のようなものは多肉植物にピッタリです。

リメイク缶にピッタリの塗料・アクリル絵の具

■ アクリル絵の具を使ったリメイク法

塗料にもいろいろありますが、リメイク缶におすすめなのはアクリル絵の具です。アクリル絵の具は伸びが良くて塗りやすく、乾くのが早いのが特徴。耐水性もあります。2色以上を混ぜることもできるので、アレンジ自在です。


アクリル絵の具は水で薄めてつかうことができます。薄める水の量で質感やムラの有無が変わってくるので、同じアクリル絵の具からいろんなパターンを作り出せます。


薄めれば薄めるほど伸びが良くなりますが、反対にあまり薄めず使うとこってりとした色味でマットな印象にすることができます。均一にしっかりと色を付けたいなら何度か重ね塗りすると良いでしょう。


塗り方は自由ですが、一方向に塗ったほうが綺麗に仕上がります。丸い筒状の缶は缶自体をゆっくりと回しながら塗るのがおすすめです。重ね塗りは一度塗った絵の具が乾いてから。乾く前に塗るとはがれたりムラになったりするので、しっかりと手順を踏みましょう。


色の塗り分けは刷毛や筆でもできますが、直線でくっきりと色を分けて塗りたい時は、マスキングテープの使用がおすすめ。乾いてからはがしますが、塗装がはがれないように慎重に作業しましょう。
http://kurashinista.jp/articles/detail/9330

100均材料で作るリメイク缶

■ レースやリボンでガーリーに☆

最近の100均のレースやリボンなどのアイテムは本当に可愛い!女の子チックな可愛らしいリメイク缶の材料にもピッタリです。春をイメージするならペイントする塗料の色は明るめに。パステルカラーも良いですね。

■ ちょっぴりシャビーなリメイク缶

トマト缶をペイントして転写シールを貼っただけのお手軽リメイク缶。絵の具や転写シールも100均で手に入るので、とってもリーズナブルに作れます。多肉植物を入れたら、100均のワイヤーラックに入れて飾っても素敵です。

■ グルグル毛糸のリメイク缶

缶のリメイクは塗料でペイントするばかりではありません。毛糸を缶に巻き付けてもナチュラルで素敵なリメイク缶ができます。巻いたままでは解けてくるので、最後はグルーガンで接着。レースで可愛くアクセントを付けましょう。

流行りのデコパージュでリメイク缶

■ 洋書でアンティーク風リメイク

サビ止めしてペイントした缶に火で少し焦がした洋書の紙をデコパージュ。アンティーク風のカッコ良いリメイクが施せます。古びた感じを出すならスポンジでポンポンと色付けするのもお忘れなく。

■ デコパッチ専用のペーパーで

デコパージュはペーパーナプキンなどでもできますが、初心者さんが安心してデコパージュできるのは、やっぱり専用のペーパー。塗り替えにも対応できる丈夫さがあるので、ちょっとした失敗も修正がききます。手でちぎったりハサミで切ったりと扱い方も自在です。

■ デコパージュの上からペイントしてもOK

やすりをかけてペイントした缶にデコパージュをして、さらに上から再度ペイント。これだけ手を加えても缶の凹凸がくっきり活かせるのがデコパージュの良いところです。植物の鉢として使うなら、水はけ用として底に小さな穴をあけましょう。

ステンシルでリメイク缶に文字入れ

■ アンティーク風リメイク缶にステンシルでアクセント

文字やイラストの形にくり抜かれたプレートを使ってインテリアに文字を書くことができるステンシルは、リメイク缶にも使える技です。ペイントした塗料が乾いてからステンシルしましょう。

■ モノトーンで男前リメイク缶

近頃はとにかくカッコイイ男前雑貨が大人気。空き缶だって黒く塗って白字ステンシルでリメイクすると、途端に男前なインテリアに変身します。ステンシルの文字の大きさはいろいろあるので、缶の大きさに合わせて選びましょう。

ラベルを貼って作るリメイク缶

■ 大人っぽく落ち着いた印象に

ペイントした缶に外国語の書かれたラベルをペタリ。シンプルなダーク系のペイントに大きめのアンティークっぽいラベルがしっくりきて大人っぽい!グリーンの鮮やかな緑が映えます。

■ 英字新聞をラベル代わりに

外国で売られている商品のオシャレな空き缶を思わせるようなリメイク缶。英字新聞は切って貼るだけでカッコイイ優れものです。貼った後はスポンジで茶色やグレーの塗料をポンポン叩いて色を付けると、アンティーク感がグンとアップします。

多肉植物にピッタリのリメイク缶

■ 多肉植物の寄せ植え用に

汚し加工がナチュラルで、どこかカッコイイ印象のリメイク缶。色味を抑えることで多肉植物のグリーンが際立ちます。屋外に置く場合はサビ止めを塗る、耐水性のある塗料を使うなどの工夫をしましょう。

■ ブリキと合わせて可愛いおうち

空き缶に穴を開け、缶の横から多肉植物を入れられるようなリメイク缶を作ります。その上にブリキの板で作った三角屋根をかぶせれば可愛いおうち型のグリーンディスプレイが完成。缶には転写シールやタグで装飾を。

リメイク缶のザラザラ加工のコツ

■ サビ加工はキッチンのアレでできる!

錆びたリメイク缶はオシャレですが、屋外に放置して本物の錆びができるのを待つのは骨が折れるもの。そこで、錆びっぽいペイントをしてなんちゃって錆びを作ることをおすすめします。材料はアクリル絵の具とココア粉末。混ぜて缶にパタパタすると、ザラザラ感が生まれて錆びっぽくできます。

バッグにもなるリメイク缶

■ 紙バッグに見えちゃうジャンク缶

リメイク缶の常識を覆すようなリメイク缶。缶の底を切り取り、袋状にしてバッグタイプに。ペーパーナプキンをデコパージュすることで紙バッグのような印象になります。アクセントには転写シールを。

■ ビール缶がナチュラル可愛いバッグに

使うのはビールなどのアルミ缶。薄くて柔らかいので加工がしやすく、ハサミでカッとしたら底を袋にしますが、植物を飾るなら隅に水はけ用の小さな穴を開けましょう。針金で持ち手を付ければ置き型にも吊るし型にも使えます。

まだまだいっぱいのリメイク缶アイデア

■ マスキングテープで

不器用だからペイントやデコパージュはちょっと……という方でも簡単にできる缶リメイクが、マスキングテープの貼り付け。色や模様が異なるマスキングテープを巻くようにして平行に貼っていきます。少し重ねると缶の絵柄が透けにくくなりますよ。

■ 古着を使ってリメイク

着られなくなったジーンズを空き缶に着せてリメイク。ジーンズはウエスト部分、ポケット、ダメージ部位など特徴ある部分を切り取って使うとカッコイイ!接着はグルーガンを使うのがおすすめです。しっかり貼り付けましょう。

■ くっきりツートンのヴィンテージ風

マスキングテープで色の混ざりや曖昧を防いでくっきりと2色に塗り分けたリメイク缶。アクセントにはシールとチャーム。チャームは麻ヒモに通して缶にぐるっと巻き付けると自然な雰囲気で素敵。他にレースをあしらっても良いですね。

■ 布でリメイク☆ソーイングセット用カート

サンマの蒲焼きのような薄い平らな缶にタイヤを取り付けてカートに見立てたリメイク缶。端切れ布やファブリックテープを貼り付けたら、あとはワイヤーで作った持ち手や、ボトルキャップのタイヤを付けて。裁縫が楽しくなりますね。

■ ワックスペーパーで安心♪スポンジラック

蒲焼きなどの平らな缶はスポンジが良い感じに収納できるサイズ。そこで、水を弾くワックスペーパーを中に敷いて、濡れてもOKなスポンジラックに。外側はマスキングテープで簡単お手軽リメイクします。ワイヤーで吊り下げても。

■ おかきの缶をとってもガーリーでキュートに☆

ガーリーなイメージからは遠い印象のおかきの四角い缶にパステルカラーのペイントやレースシールをあしらって女の子らしいボックスに。蓋には100均の引き出し用つまみを取り付けて、思いっきり可愛く♪

空き缶がこんなにも可愛く変身しちゃうなんて驚きですよね。ぜひ試してみてくださいね!