すっぴんでも楽だから……「伊達マスク」依存症に潜む危険

写真拡大

そろそろ本格的に秋が始まります。花粉症がひどいときや、風邪気味のときに役に立つのがマスクですよね。最近ではコンビニでもさまざまな機能やサイズのマスクが売られるようになり、これからの時期に欠かせないアイテムといえるでしょう。

しかし、マスクの役割は感染予防だけではありません。最近では若者を中心に、顔を隠すための「伊達マスク」をする人が急増しているのだそう。今まさに、伊達マスクをしながら読んでいる方もいるのではないでしょうか。

実はこの伊達マスク、やりすぎると思わぬ影響が生じることがあるのです。「冬はいつもマスクをしている」「マスクなしで外出するのはちょっと……」そう考えている方は、必見ですよ。

■若い世代の女性4割が「伊達マスク」経験あり!

インターワイヤード株式会社が運営するDIMSDRIVEは、マスクに関するアンケートを実施。2014年2月21日〜3月7日にかけて、モニター7,583人から回答を得ました。その結果、10〜20代女性の41.2%が「伊達マスクを経験したことがある」と回答。他の世代に比べ、最も高い割合でした。

その理由として最も多かったのは、「マスクをしていると暖かいから」「すっぴんを気にしなくていいから」というものが挙げられました。さらに、「顔が隠れるのは安心感があるから」「湿度が保てて肌の調子が良いから」といった理由や、「口臭を気にしなくていいから」「目元が強調される気がするから」というものまで。

なお、男性でも10〜20代の伊達マスク経験率は24.3%にのぼり、他のどの世代よりも高い割合になっています。「無精ひげを気にしなくていいから」といった理由もありました。男女ともに、若い世代で伊達マスクが広まっていることがわかりますね。

■「伊達マスク依存症」も増えている

しかし、あまりに伊達マスクに頼りすぎてしまうと、「伊達マスク依存症」に陥ってしまう恐れもあります。

「伊達マスク依存症」とは、マスクのない状態で他人の視線を過度に意識してしまったり、コミュニケーションがうまくいかなくなったりしてしまう症状のこと。社会不安障害の一種であると言われています。

伊達マスク依存症になりやすいのは、「身体的なコンプレックスを見られたくない」「人と話すのが苦手」といった、他人との関わりに苦手意識を持つ人。「ネットやスマホばかり見ていて対面のコミュニケーションが減っている」「表情をつくるのが面倒」という人も、要注意です。

食事・入浴・就寝時以外はいつもマスクをつけている、マスクがないと落ち着いていられないようであれば、伊達マスク依存症になっている可能性があります。暑い日や、体調が悪くないときでも絶えずマスクをしている場合も、依存症の疑いあり。

■伊達マスク依存症の原因?

もしも「私はブスだから」「口元をどうしても見られたくないから」「歯並びが汚いから」などといった気持ちが非常に強いようなら、それは「醜形恐怖症」という精神疾患かもしれません。必要以上に自らを醜いと思い込み、悩んでしまう状態です。

醜形恐怖症は若い女性に多いと言われていて、症状が重くなると外出ができなくなり引きこもってしまう人もいます。多少のコンプレックスは誰にでもありますが、他人から見れば大したことではないことを深刻にとらえていることが多いです。心当たりがあるなら、一度カウンセリングを受けることをおすすめします。

他にも対人恐怖症や、社交不安障害などといった精神疾患がマスク依存症につながっている場合も。もしもマスクを外すのが辛くて仕方がないようなら、医師へ相談してみましょう。

■マスクをつけるのもほどほどに

化粧をなおす時間がないときや、すっぴんで少し外出するときに伊達マスクをすること自体は問題ありません。しかし、エスカレートして依存症にまでなってしまうと一大事。長時間マスクをつけていることで肌荒れなどが起こりやすくなりますし、何より人間関係も希薄になってしまいます。

また、ビジネスシーンやかしこまった場でマスクをつけっぱなしにしているのは、相手に失礼な印象を与えてしまいます。話も伝わりづらくなってしまうので、必要のないときはサッと外せるように心がけましょう。

軽い気持ちで伊達マスクをしていた人は、つける時間を短くしたり、「電車の中でだけつける」などと自分でルールを作ったりするところから始めてはいかがでしょうか。