株式会社ブシロードから刀剣乱舞-ONLINE-アンソロジーコミック『4コマらんぶっ〜ぷちらんぶっ〜』(税別790円)おそ松さん公式アンソロジーコミック『4コ松さん』(税別790円)が10月14日に同日発売。アニメ化されることでより盛り上がりが期待される刀剣乱舞と、2015年10月から放送され熱狂的ファンを生み出したおそ松さん。その可愛さを全力で表現したであろう、この作品たちを見逃すな。

 

■刀剣乱舞の4コマコミックの担当は菊野郎先生

©2015-2016 DMM GAMES/Nitroplus

 

2016年10月、そして2017年にアニメ化されることが決まった刀剣乱舞。公式アンソロジーコミックもぞくぞくと出版されており、その新作にあたるのがこちらだ。

 

刀剣乱舞をご存知でないかたに、簡単に説明しよう。この作品は名のある刀剣たちの擬人化キャラクターを取り扱った作品である。

 

天下五剣と称された日本刀や、新選組の土方歳三や沖田総司の愛刀たちが人間の姿となり、歴史を改変しようとする軍勢と死闘を繰り広げるというストーリー。

 

作家による刀剣男士たちの解釈も見どころとなるジャンルである。

 

『4コマらんぶっ〜ぷちらんぶっ〜』は、月刊ブシロード掲載分が集約された上に、描き下ろしもあり。未読のかたも、連載分を読んでいる方も、楽しめる出来になっていそうだ。

 

 

■おそ松さんの4コマコミックは14名の作家陣によるアンソロジー

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 

2015年より放送され、2016年上半期を最も盛り上げたアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫先生が手がけた『おそ松くん』の6つ子が20代前半になった世界で繰り広げられる不条理ギャグ作品だった。

 

まったく同じ顔でありながら、性格がまったく違う6つ子たちは、女子人気を大いに集め、オタク業界を震撼させた。

 

そんな6つ子たちの魅力を14名の漫画家が描いたのが今回の『4コ松さん』である。詰められたネタは、なんと172本におよぶ。

 

推し松が誰であれ、きっと満足できることだろう。どんな埒外の世界が待ち受けているのか。

 

それはその目で確かめていただきたい。

 

 

■作家陣による色んな解釈を楽しもう

刀剣乱舞であれ、おそ松さんであれ、その面白さはキャラクターの魅力の強さである。

 

4コマ漫画は、キャラの魅力を引き出すギャグを見せるのにうってつけの表現方法だと言えるだろう。

 

刀剣乱舞に関しては、公式サイトにて試し読みができる。おそ松さんは特徴的な1コマが並べられている。

 

まずはそうした実物の一部に触れてから、買うかどうかを判断してみてはいかがだろうか。