8頭身を誇る完璧なスタイルと弾けるような笑顔で、女子も男子の心もわしづかみにしている西内まりやさん♡


10月1日に公開される映画『CUTIE HONEY -TEARS-』では、主人公・キューティハニーを熱演しています!

劇中では、ピタピタのバトルスーツをクールに着こなし、豪快なアクションも披露するため息ものの格好よさ。

オリジナルの『キューティハニー』とは一味違う、現代版のスタイリッシュなハニーを演じるにあたっての、並々ならぬ思いを聞いてまいりました!

Q:『キューティハニー』原作者の永井豪先生とは、お話をされましたか?

西内まりや(以下、西内):お話しました。漫画の『キューティハニー』と言えば、ちょっとお色気があったりして、セクシーイメージを持っている方も多いと思うんですが、今回は企画の時点でスタイリッシュに世界観を一新していたんです。

原作ファンの方や永井先生がどう思うのかというのは、すごく気になっていました。だけど、先生が「あまり考えすぎないで、西内さんの思うままにやってね。新しいハニー像を自信を持って作って」と言ってくださったので、その言葉を信じて演じました。


(c)2016「CUTIE HONEY -TEARS-」製作委員会

Q:完成作をご覧になって、先生から「よかったよ」みたいな言葉はありましたか?

西内:実際に(※インタビューを録った時点では)まだお会いしていないんです。プロデューサーづたいでは「太鼓判を押していたよ」って言われました。

Q:超うれしいですね!

西内:超!うれしいです(笑)!今回の映画でしか見せられないハニーを先生が認めてくださったので、すごくうれしかったです。


Q:そもそも西内さんは、プレッシャーは感じるほうですか?または、乗り越えてやるという気持ちのほうが強いですか?

西内:どちらかと言うと、後者ですね。学生時代に6年間本気でバトミントンをやっていたんですけど、例えば、試合で決勝戦になったときも、逆にプレッシャーを自信に変えないといけないと経験していました。

プレッシャーがくればくるほど、燃えるというか。やるしかないなら、自分にできることを全力でやろうと思うタイプです。自分が全力を出さずにやって、後悔するほうがすごく嫌なので。

Q:初主演、しかも念願のアクション映画への挑戦になりましたが、夢をかなえている実感はありますか?

西内:夢って、言わないとかなわないものだと思っています。かなうまでの時間は遅かれ早かれですけど、自分が願って口に出していれば、きっと軸はぶれないと思うんです。

アクション映画に関して言えば、自分が演技の仕事をさせていただける立場にいるからには、いつかやってみたいという強い思いがありました。

もともと洋画のアクション作品も好きでしたし、自分がその世界に入り込んで、ヒーローになったつもりで演じました。


(c)2016「CUTIE HONEY -TEARS-」製作委員会

Q:「不完全だからこそ前を向ける」という印象深いハニーの台詞がありましたが、共感します?

西内:まさに共感しています。不完全だから前を向けるというか。完璧だったら、逆に(演技も)やっていないかもしれません。

自分の中で、「もっと、もっと」という思いがあって、何かにつながるんじゃないかという希望を持つから、いつも挑戦しています。(取材・文・写真:赤山恭子)

前半のインタビューはここまで!

後半では、気になるこれからの活動のほか、女子必見、今やっているゆる〜いスタイルキープ術などを聞いてきましたのでお楽しみに♡

映画『CUTIE HONEY -TEARS-』は10月1日(土)より全国ロードショーです!

【関連記事】

※ 高橋メアリージュン、朝活にハマる理由は?「いい1日のスタートを切れる」

※ 安座間美優「スナック菓子はメリハリをつけて…」ダイエットのマイルールを明かす

※ モデルに女優に進化する筧美和子にインタビュー!映画での過激なシーンも「全然大丈夫」

※ 本郷奏多にインタビュー!「好きなタイプは小さい子」と話す意外な理由とは?

※ 佐々木希、「肌触りも最高♡」と明日発売のUniqlo Uを大絶賛