イケメン俳優図鑑vol.4 菅田将暉

写真拡大

 こんにちは! イケメン俳優さんのドラマや映画を観ることで日々の活力を得ているアラサー女、星野グミコです。このコラムでは今、観たい! 話題のイケメン俳優さんたちが出演した個人的オススメ映画やドラマのレビューをしつつ、その俳優さんの魅力をアラサー女子的観点で分析してゆきます!!

 10月5日にスタートするドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』に出演、『何者』『溺れるナイフ』『デスノート Light up the NEW world』など話題の出演映画も次々と公開! さらに、来年にはNHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも初出演!と話題に事欠かない、今最も旬な俳優・菅田将暉さん。やんちゃで愛嬌のある姿が可愛い、auのCMの「鬼ちゃん」役でもおなじみですよね♪ 史上最年少のライダー役として『仮面ライダーW』で華々しいデビューを飾ってから映画やドラマ、CMなどのオファーが絶えない菅田さんですが、今年だけで何と9本の映画に出演しているというから驚き!(一体いつ休んでいるんだ…!?)なぜ、彼はそんなに各方面から引っ張りだこなのか? それは優れた演技力は勿論、どんな役にも化けられるカメレオンのような“変幻自在力”に秘密があるようです!

 菅田さんの魅力のひとつでもある、見るたびに違うヘアスタイルやファッション。しかも役によって顔つきまで変わってしまうので、「この役菅田くんがやってたの!?」と驚かされることもしばしば。今秋公開される映画『デスノート Light up the NEW world』(10/29公開)では天才サイバーテロリスト(黒髪)、『溺れるナイフ』(11/5公開)では方言を話す自由で傍若無人な学生(金髪)など、外見から徹底した役作りで、次々とイメージを変えています。

 今回ご紹介するのは、菅田さんの新たな魅力が開花した映画『海月姫』。女装が趣味である鯉淵蔵之介という大学生を熱演しています。『海月姫』は東村アキコ原作の大人気漫画を実写化したもので、漫画で描かれた女装男子を演じるのは相当難しいのでは、という先入観があったのですが……そんな不安を吹き飛ばしてしまう菅田さんの女装クオリティの高さは超必見です!!メイクやウイッグも違和感なく似合っているし、ファッションショーのシーンでの美脚&ウォーキングは女性顔負けの美しさ! 普通にこういう女子、いるよな〜っと思わせるキュートな仕草や表情の演技にも注目です。しかもこの映画の前に演じていたのが、朝ドラ『ごちそうさん』での戦時中の野球少年(坊主&日焼けメイク)だったため、更にギャップが凄いことに(笑)。エステや骨盤矯正に通い、10kg以上も減量して挑んだこの作品では、女子も嫉妬する美しさの菅田さんが拝めますよ…!!

 この作品では女装でギャル服からレトロ服、ショー向けの奇抜なドレスまで着こなし、主人公達とオリジナルブランドを立ち上げて洋服作りをしていますが、菅田さんご本人も大のファッション好き! アパレル系の友達とアパートを借りてアトリエを作り、仕事終わりに夜な夜なオリジナルの洋服作りを楽しんでいるそうです。そんな菅田さんの私服はかなり個性的。スラックスに雪駄を合わせたり、ど派手な柄ニットなどの古着を取り入れた、レトロで昭和っぽい着こなしが多いようです。スラックスは大好きでなんと30本以上所有しているそう!

 また、10月15日に公開される映画『何者』ではバンドマン役でボーカル&ギター演奏を披露しています。力強い歌声と演奏が、まるで本物のバンドマンのような迫力。元々音楽やギターが趣味で、普段も俳優仲間とスタジオに入って曲を作って録音したりしているそう。洋服や音楽などの物作りの趣味が、お芝居に繋がる素敵な感性をどんどん養っているのでしょうね!

 そして大阪出身の菅田さんは、トーク番組等で時々見せるわりとコテコテの関西弁トークが魅力。お笑い好きで、一番好きな芸人はダウンタウン。しかし好きすぎるあまりに、ダウンタウンの番組から出演オファーがあってもずっと断り続けていたそう。やっと共演が実現した番組では、想いの詰まった8枚にも及ぶ手紙を号泣しながら読むなど、ダウンタウンへの愛が溢れまくっていましたね!! 菅田さんの魅力のひとつでもあるテンポの良いコミカルな演技は、大阪出身・お笑い好きというルーツが生んだものかもしれません。また、お父さんが映画や音楽好き、お母さんがファッション好きという家庭で育ったというのも納得ですね!(ちなみに3人兄弟の長男で、弟大好きトークをよくされています)

 ご本人も話していましたが、色々な役を演じることができるのは自分のごく平均的な身長・体重、濃くもなければ薄くもない顔のおかげだそうです。(もともと骨格が細いので女装の役もハマったそう!)とは言え、圧倒的な演技力を持ったイケメン俳優であるという事実に変わりはありません! 来年実写化される映画『銀魂』の志村新八役も菅田さんは一体どんな風に演じるのか!? と、今からワクワクです! アラサー女子はとりあえず、秋ドラマ『校閲ガール』の菅田将暉を観て癒されましょう!!

文・イラスト=星野グミコ