写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サンブリッジは9月30日、クラウド名刺管理サービス「SmartVisca」とセールスフォース・ドットコムのマーケティングオートメーション製品「Salesforce Pardot」と連携することにより、名刺情報をダイレクトにマーケティングに活用できるソリューション「Viscarte(ビズカルテ)」の提供を10月1日より開始すると発表した。Viscarteの価格は、127万円(コンサルティング、実装込)から。

SmartViscaは、名刺情報の管理機能を備えるSaaSで、Salesforceの機能拡張として稼働し、名刺データを直接Salesforce内で一元管理する。名刺をスキャンまたはカメラで撮影した画像を登録すると、OCRでテキストデータに変換後、人力による名刺情報の校正を経てSalesforceに自動登録する。

取り込んだ名刺情報はViscarteでダイレクトにPardotに取込め、名刺交換フォローアップ ステップメール、セミナー集客・フォローアップの3つをPardotに設定する。

今回同社では、名刺情報をSalesforceと一体型名刺管理ツール「SmartVisca」によりデータ化。Viscarteの画面上で営業担当との紐づけや顧客接点に応じた重みづけ変更などのカスタマイズ後、Pardotに投入。Pardotでは営業フォローやセミナーフォローが行える。