写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セールスフォース・ドットコムは9月29日、コマースの統合を迅速に実現するという「Salesforce Commerce Cloud」(Commerce Cloud)の提供を開始した。

新製品は、同社が買収したデマンドウェアの製品を基盤とした製品であり、Web/モバイル/ソーシャル/店舗など多様なチャネルで買い物をする個々の顧客に最適化したショッピング体験を、ブランドが提供することを可能にするという。

Apple Payによるワンタッチ決済に対応しており、Commerce Cloudのユーザーは、買い物客にセキュアでプライベートな決済をiPhoneやiPadのSafariあるいはMac上でサービスの提供が可能になる。

販売者は、シンプルなコンフィギュレーションで機能を追加するオプションを利用することで、Apple Payの利点を得られるほか、シームレスな統合により、モバイルコンバージョンがデスクトップやラップトップ端末におけるコンバージョンレートよりも低くなる原因であるモバイルでの決済プロセスを簡素化するとしている。

また、「Salesforce Einstein」(アインシュタイン)による人工知能(AI)である「Commerce Cloud Einstein」を搭載。個々の顧客に合ったお勧め商品を提示する「Product Recommendations」、個別にソートをかけて関心のありそうなことや物をベースに検索結果を導く「Predictive Sort」、リテール業者が商品を購入する関連性を把握し、よりスマートな取引や店舗計画を強化する「Commerce Insights」などの機能を含む。

(山本善之介)