写真提供:マイナビニュース

写真拡大

熊本県菊池市はこのほど、2016年10月13・15・16日に開催する「きくち秋まつり」に併せ、全国の菊池(地)姓の人や菊池一族にゆかり・関心がある人を招待する「きくちさんいらっしゃい事業」を開始すると発表した。

○参加者に旅行応援券、新米などプレゼント

菊池一族とは、中世平安時代から室町時代の後半まで約450年にわたって熊本県菊池地域を中心に活躍した豪族。源平合戦や元寇の戦いにも参加し、蒙古襲来絵詞にその勇姿が描かれているという。

同事業は、菊池一族の歴史に触れることで菊池市への愛着を育み、第2のふるさとと感じてもらえるようになることを目指したもの。市とのつながりを深めて「菊池ファン」となってもらい、震災復興や観光PR事業など様々な場面で市を応援するサポーターになってほしいとしている。

事業では、菊池神社の例大祭に合わせた通し物(市内パレード)、菊池一族ゆかりの地めぐり、菊池一族のルーツに迫るシンポジウム、交流会などのプログラムを実施。参加者には、菊池旅行応援券2,000円、菊池の新米2キロ、菊池一族くまモンオリジナルバッジをプレゼントする。

市の担当者は「菊池市にゆかりがある菊池一族を市の観光素材の一つとして発信していきたいと考えている中、毎年10月15日に行われている『きくち秋祭り』が今年は土曜日に当たることから、市のPRも含め大体的に盛り上げていこうと企画した」と話している。

申し込みは菊池観光協会(電話受付)、または市ホームページの専用フォームまで。申込期限は2016年10月11日。

(御木本千春)