北米のイルカなどの野生生物から化学物質を検出 かつて農薬などに使用

ざっくり言うと

  • 米国とカナダに生息するイルカや野鳥から化学物質が検出されたと発表された
  • 濃度は低かったものの、100%の確率でペルフルオロホスフィン酸が検出
  • 太陽光や水や微生物では分解されず、環境に残存する物質だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング