任天堂の家庭用ゲーム機ファミコンこと「ファミリーコンピュータ」。1983年に発売され、海外仕様の製品も合わせると、6000万台以上も販売台数を誇る大人気のゲーム機だ。

 本日、そんなファミコン直撃世代にとって、うれしいお知らせが発表された。

 11月10日に発売する「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(税別5,980円)。当時の製品の約60%に小型化し、手のひらサイズにしたものだという。

 カセットは差し込めないが、「スーパーマリオブラザーズ」や「パックマン」、「ゼルダの伝説」、「魔界村」、「メトロイド」、「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」、「星のカービィ 夢の泉の物語」など、1983年〜93年までの11年間に発売された代表的なソフトが30タイトルを収録している。

 HDMIケーブルでモニターに接続したりUSBケーブルで給電したりと、オリジナル版からの大きく進化している。一方で、画面設定機能で「アナログテレビモード」に切り替えると、ブラウン管テレビのような温かみのあるボケ味や走査線の再現が可能。懐かしい当時の気持ちがよみがえる心憎い演出だ。

 Twitterユーザーからは「欲しい」「ソフトのラインナップが絶妙」という声の一方、「コントローラーの小ささが気になる」という意見が寄せられた。

 しばらくテレビゲームで遊んでいないという人も、当時のプレイを思い出しながら楽しんでみてはいかがだろうか?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら