写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱電機は9月30日、準天頂衛星システムの利用拡大を推進するために自動車向け測位用・ワイヤレス通信用半導体大手のスイス・u-bloxと、「センチメータ級測位補強サービス(CLAS:Centimeter Level Augmentation Service)」対応の自動車向け受信チップの開発で連携することで合意したと発表した。

現在、内閣府が整備を進めている準天頂衛星システムの提供サービスの一環として、cm級の高精度測位を可能とするCLASの開始が2018年度に予定されている。CLASは準天頂衛星から送信される信号の1つである測位補強データ(L6信号)を受信することで利用でき、三菱電機はu-bloxのL6信号対応自動車向け受信チップの開発に協力する。

三菱電機は、開発チップを自動車の安全運転支援や自動運転などの分野へ展開するとともに、引き続きさまざまな分野における準天頂衛星システムの利用拡大に貢献していくとしている。

(神山翔)