写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は9月30日、スマートフォンやタブレット端末から業務で利用するWebアプリケーションへのセキュアな接続やファイル編集を可能にするというSaaS型サービスである「Workspace Mobility」を提供開始した。価格は、初期費用が企業あたり10万円(税別)、月額料金は基本利用料が企業あたり5万円(同)、ライセンス利用料が1IDあたり1100円(同)。なお、別途「Arcstar Universal One」の契約が必要。

新サービスの利用により、普段業務で利用している「Microsoft Exchange」や「Office365 Exchange Online」などのグループウェア、またはSaaSやオンプレミスのWebアプリケーションなどを、同サービスのアプリ(セキュアコンテナ)上から利用可能になるという。

セキュアコンテナ内のデータは強固な認証でガードできるほか、スマートフォンなどの紛失時には外部からアプリ内の情報のみを削除することが可能であり、出先での業務や在宅勤務においてもセキュアな作業環境を実現できるとしている。

同サービスは、多要素認証とセキュアコンテナによるセキュリティ、セキュリティと使い勝手の両立といった特徴を持つ。

セキュリティに関しては、専用アプリへのログイン時にユーザー企業のActive Directoryを利用したユーザー認証と、利用する端末固有のIDによる機体認証を組み合わせた多要素認証により、不正ログインを抑止する。

また、ログインした専用アプリ内は、利用端末内の他のアプリやデータと隔離した状態のセキュアコンテナとして機能するため、会社と個人のデータ領域を完全に分離可能としている。セキュアコンテナ内のデータは暗号化し、外部へのコピーも禁止するという。なお、端末紛失時には会社領域(セキュアコンテナ)のみをリモート・ワイプ可能であり、個人領域は消去しない。

使い勝手との両立に関しては、各種Webアプリケーションを、セキュアコンテナ内のセキュアブラウザにより利用することで実現するという。データをダウンロードせずに利用するため情報漏洩対策となるほか、HTML5ベースのユーザー・インタフェースに対応し、快適な操作性も実現するとしている。

さらに、セキュアコンテナ内の専用ビューアおよびエディタではメールの添付ファイルも閲覧でき、さらに暗号化保存したデータはオフラインでも編集可能なため、電波の状況によらずストレスなく作業ができるという。

(山本善之介)