「10歳の壁」につまづかないために! 幼児期にしておくといいこと3選

写真拡大

子育てのやり直しができたらと思ったことはありませんか?

“勉強する子”の家庭環境の特徴は? 「東大ママ」が実は毎日やっている事

つい大きな声を出したり、イライラして言いすぎてしまったり。ママも人間なので、いつもニコニコ笑顔でいることは難しいもの。子どもの寝顔を見て後悔したことのあるママも多いのでは?

筆者自身も6歳の子どもがいるママ。子どものために、どうしてあげることが一番いいのか、日々自問自答していますが、答えは出ません。

さて、みなさんは10歳の壁という言葉を聞いたことがありますか?

勉強や運動でつまづきやすくなり、親に反抗し始めるという、小学校3〜4年生の子どもに起こる変化のことです。

この時期につまづいてしまうと、その後の勉強にもついていくことができず、様々な問題をクリアするのが難しくなってしまうと言われています。

そうなりたくはないですよね……。小学校に入る前の幼児期に本当に大切なことはどのようなことなのでしょうか?

今回は、『10歳までの子育ての教科書』(アスコム)より、幼児期に大切なことをピックアップしてお伝えいたします。

子どもの才能を引き出すのもつぶすのもまわりの大人次第!

10歳の壁につまづく時期、脳にはどのような変化があるのでしょうか。

諏訪東京理科大学共通教育センター教授であり、脳科学者の篠原菊紀先生によると、「ちょうどこの時期に前頭葉、とくに46野付近の発達がピークを迎えます」とのこと。

さらに篠原先生は、「トラブルを解決したり、うまく人を動かしたり、たくさんの仕事をこなしたりといった、この社会で生きていくのにもっとも必要な能力ーー俗っぽく”生きる知恵”と言ってもいいかもしれませんがーーは、この前頭葉の動きに直接リンクする部分が多いと考えていいでしょう。」と続けます。

10歳前後で、今後生きていくために必要な能力がほぼ完成してしまうとは驚きですね。ここでつまづかないためにも、やはり幼児期に何をするかが大切なのかもしれません。

また、この前頭葉46野付近は、その後も20歳くらいまでダラダラと成長を続けます。実はこれ、他の脳部位と比べると成長が遅いのです。

篠原先生によると、「その分、遺伝の束縛が少ないので環境や教育によってどうにでも変わりうる部分である」とのこと。

これは、チャンスではないでしょうか。

そこで以下から、子どもの才能を引き出すためにできることを3つご紹介いたします! ぜひ幼児期のお子さんにしてあげてください。

10歳の壁につまづかないために幼児期にしておくといいこと

■(1)外でたくさん遊ばせること

最近は子どもだけで外遊びをするのが難しくなっています。安全面の心配もありますが、室内で遊ぶ場所やものが増えているというのも一因ではないでしょうか。

ですが、早稲田大学の池田清彦教授は「幼児期にすべきこと」として、外遊びを薦めています。「遊びが重要なのは、困難に直面したときに自分で解決する力がつくから。」というのがその理由です。

みなさんが子どもの頃は、何をして遊ぶことが多かったですか?

筆者は、木に登って降りられなくなったり、こっそりお墓に秘密基地を作って遊んだり、学校帰りに知らない道を通って冒険気分を味わったり、いいことも悪いことも色々しました。

池田教授は、「どうにかして危機を脱出したという経験は重要」だと言います。

幼児期は、大人が一緒にいないと心配な面もありますが、お出かけをするなら、ショッピングセンターや遊園地ではなく、自然の中で遊ぶことを増やしてみてはいかがでしょうか。

例えば、虫採りや魚釣り、キャンプ、山登りなどです。暑さが和らぎ、外遊びも楽しい時期になってきました。ぜひ、家族で自然を楽しんでみてください。

■(2)机に向かう習慣を身につけさせること

毎日コツコツ勉強をする……。子どもの頃、できていましたか?

筆者はとても苦手でした。しかし、小さい頃から机の前に座る習慣が身についている子どもは、これが苦ではないのだそうです。

12年間、5万人以上の「勉強ができる子」の学習パターンを調査してきた中畑千弘先生によると、「勉強ができる、できない子の差は10歳までの生活習慣にある、という結論に至りました。」とのこと。

中畑先生によると、勉強ができる子どもは決して勉強が好きで毎日勉強しているわけではなく、お母さんも”勉強しなさい”とは言わないのだそう。

それなのに勉強ができるのは、「10歳までに机に向かって5分でも10分でも何かをするという習慣が身についていたから」なのだとか。

実はこれ、0歳の赤ちゃんからでも始められるんです。さすがに産まれたばかりの頃は難しいですが、ある程度生活リズムが定まってきたら始めどき。

まずは、同じ時間に起きて寝て、ごはんを食べるという規則正しい生活を目指します。

その中で、最初は1分でも2分でもいいので、子どもの好きなこと、積み木や塗り絵などを机(テーブル)の前でさせる時間を作ります。徐々に簡単なワークなど、お勉強要素を取り入れていくのがコツです。

中畑先生によると、ポイントは「(習慣化するまでは)お母さんがそばにいること」だそう。

机に向かって何かをするということが当たり前になったら、あとは少しずつ時間を延ばすだけでOK。子どもに宿題や勉強をさせることって本当に大変なので、自主的にできるようにしておくと、あとで楽ですよ。

■(3)子どもが描くコミュニケーションを大事にすること

子どもって、自分の考えをなかなか上手に説明することができないですよね。ついつい、「何が言いたいの?」とイライラしてしまうこともあるのでは?

著書に『頭のよい子が育つ本棚』や『頭のよい子が育つ家』がある、生活情報産業ベンチャー企業スペース・オブ・ファイブ株式会社代表取締役の四十万靖先生は、「子どもは自分が思っていることを表現できる言葉を豊富に持っていません。子どもが描くコミュニケーションを大切にしてください」と言っています。

もし子どもが家や幼稚園でいつも絵を描いていたら、それは表現力や考える力を伸ばす大きなチャンスです。

子どもの絵を見て、みなさんはどんな声がけをしますか?

「上手だね」「よく描けてるね」と言っていませんか? 四十万先生は、「どうしてこの絵を描いたの?」と聞くことをすすめています。

そう聞くことで、子どもは出来事や感想だけでなく、そのときの気持ちまで話し始めてくれるのだとか。

表現する力や考える力は、これから生きていく上で必要不可欠なもの。そんな大切な力を、幼児期に家庭の中で育むことができるのです。

確かに筆者も「上手だね」と言うことが多かったです。もし、次に子どもが何か絵を描いたら、どうして描いたのか聞いてみようと思います。これから、みなさんも聞いてみてくださいね。

10歳の壁につまづかないために幼児期にできることをピックアップしてみましたが、難しいことは何もなくて、日常生活の中で簡単にできることばかりでしたね!

ぜひ、この記事を読んだ日からやってみてくださいね。