【グロいけどおいしい!?】ハロウィン目玉ゼリー

写真拡大

ハロウィンの夜。仮装や飾りつけをしてパーティーを楽しむのもいいが、ハロウィンらしい料理をたくさん作って、ハロウィン気分を盛り上げるのもいいものだ。“ハロウィンらしい料理”といえば、かぼちゃやおばけ、コウモリなどの形に可愛くデコレーションしたデザートや、かぼちゃを使って作る料理などをよく見かけるが、ハロウィンテイストのちょっぴり怖めのメニューもおすすめである。今回は、そんなハロウィンらしさ全開の「目玉ゼリー」の作り方を紹介したい。

■見た目はグロいけど、味はさっぱり!

材料は、カルピスの原液と水、粉寒天、黒と青の食紅、ぶどうジュースだ。その他に、丸い氷が作れる製氷皿、ペットボトルとそれより小さい小瓶などのキャップそれぞれ1つずつを用意する。鍋でカルピスの原液と水、粉寒天を煮溶かし、溶けたら湯せんにかけておき、そこから40ccを取り出し、20ccずつ黒と青の食紅を加え、平らな皿にそれぞれ流して固める。大きさの違う2つのキャップ(または生クリームの絞り口型など)を使い、黒眼とカラー眼球をくり抜く。製氷皿に順番に重ね、残りのゼリー液を流し込み、白眼を作ったら完成である。

詳しい手順は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/2d6aYk8

■ぶどうジュースでよりグロく!?

盛りつけ方はいろいろ! 透明のお皿やグラスが好ましいが、複数個作ってひとつのお皿に並べるもよし、1つずつグラスに浮かべるもよし。ぶどうジュースを注いだ途端、グロテスクさが倍増する。ハロウィンパーティーのテーブルに並べ、ゲストを驚かせてみては?

「教えて!goo」では、「ハロウィンにどんなスイーツを食べたい?」への回答を募集中だ。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)