東大・京大生を育てたママに学ぶ! 自己嫌悪をなくしてイライラ育児から卒業する方法

写真拡大

日々の仕事だけで手一杯。そんな毎日の中に突然やってくる子育てという人生最大の大仕事!

“育てにくい子”がみるみる変わる! 自己肯定感が高まる魔法の「言葉かけ」

世の中のママたちは常にキャパオーバー寸前です。余裕のなさから毎日イライラ……。

その苛立ちを子どもにぶつけてしまっていませんか?
毎日子どもの寝顔を見て反省していませんか?

今回は、母学アカデミー学長で『東大・京大生を育てた母親が教える つい怒ってしまうときの魔法の言い換え』(イースト・プレス)の著者である河村京子さんにインタビュー。

子どもに怒りをぶつけてしまうこと、その影響や怒らないための心がけについてお聞きしました。

親の怒りが爆発したとき子どもの心になにが起きているか

――河村さんは著書の中で、つい怒ってしまう時の言葉の言い換えについて書かれていますが、まず怒るということは叱るということとは違うのでしょうか?

河村京子さん(以下、河村):混同されている方が多いのですが、同じように怒っていることを伝える方法である、叱ることと怒ることというのは全然違うことなのです。

叱るというのは、子どものためを思って行う行為で必要なことです。これは自分自身が冷静な状態でなければできないことなんですね。

対して、怒るというのは、怒っている人間自身のストレス発散です。感情的に怒りをぶつけた時ってなんとなくスッキリしませんか?

怒るという行為は、子どものためではなく、親自身がストレスを解消するための行為なのです。

――そのように感情に任せて子どもに対して怒ってしまうことは、子どもの心理状態にどのような影響が出てくるのでしょうか?

河村:親が子どもに怒ってしまうような場合って、子どもが幼ければ幼いほど、子どもにとっては悪気のないことが多いんですよね。

そんな時に突然「ダメ! 何やってるの!」なんて大きな声を出されたら、子どもはわけもわからないまま怖気づいてしまいます。その時点で心が固まってしまうのです。

そういったことが続くと、子どもは怒られている最中に心をほかの場所に飛ばしてしまうんですよ。

多くのかたが経験があることだと思うのですが、怒られている最中に「あと少し黙っていれば終わる……。きょうの夕ご飯はなにかな?」なんて考えていたことはないですか?

こうやって今自分が置かれている状況から心を乖離させることで、自分を守っているのです。まともにその怒りを受け止めていたら、自分がつぶれてしまうから。

それに怒るということは、怒っている人間の気分次第というところがありますよね。機嫌が良いときは怒るようなことでなくても、機嫌が悪いときだとつい声を荒げてしまう、というような。

しかしそれは子どもからしたら、いつ何時、どこから弾が飛んでくるかわからないという状況です。

そのような状況では、子どもはリラックスすることができず、常に家庭の中で緊張状態ですごすことになります。

親が怒ることによって親子それぞれにどんなデメリットがある?

――怒られ続けた子どもが、そのような心理状態で過ごすことでどんな子どもに育つのでしょうか?

河村:家庭内ではリラックスできず、緊張しながら生きているので、家では良い子でいることが多いのですが、外で癇癪を起こしたりストレスを発散してしまう子が多いですね。

内弁慶という言葉がありますが、これは家では好き勝手にやっていても外ではおとなしい子のこと。家庭の中にいる親のことを信頼している状態なので、親は子どもに手を焼いていたとしても実は健全な状態と言えます。

怒られ続けた子どもは、その逆の状態になってしまうんですね。

あと、怒っている時の言葉ってどうしても「ダメ!」という否定の言葉が先立ってしまいますよね。

子どもはそれを「自分が今してしまった行為がダメ」と捉えるのではなく、「自分自身がダメ」と捉えてしまうのです。

親にそのつもりがなくても、常に自分自身が否定されていると捉えてしまうので、自己肯定感が低い子になってしまうのです……。

自己肯定感が高い子であればきちんと挨拶ができたり、謝ることができたり、そういったことが割と自然にできるようになりますが、自己肯定感が低い子は自分に自信がないので、自分の行動にも自信が持てず、なかなかやりたいことができないという子になってしまいます。

――子どもの自己肯定感にまで影響が出てきてしまうのですね。それでは、怒るという行為は親自身にはどういったデメリットがあるのでしょうか?

河村:親にとってのデメリット、となるとやはり子育ての軸がぶれてしまうというところですね。

子どもに対して怒ったあとや、子どもが寝ている姿を見て「あ〜今日も怒っちゃったな……。私ってダメな母親……」みたいに反省してしまうことありますよね。これをまず止めた方が良いですね。

この瞬間、親自身が自分の子育てに対して自信をなくしてしまっている状態で、子育てに対する軸がぶれている状態なんですよ。

「きょうは怒ってしまったけど、うちの子なら大丈夫!」くらいに捉えている親の子どもは、「怒られちゃった〜!」という感じで同じようにケロッとしていることが多いのですが、子育てに対する軸がぶれて不安定な状態でいることは、子どもにも伝わってしまいます。

地面がグラグラした状態では、上手に走ったりジャンプしたりできませんよね? 同じように子育ての軸がぶれることは、子どもが育っていく基盤を不安定にしてしまうのです。

怒ってしまっても、「まぁうちの子なら大丈夫でしょ!」という心持ちでいることが大事ですね。

子どもにイライラしても怒らないためにできることはなにか

――しかし、怒りをそのままぶつけないように言い換えたり、そもそも怒らないようにしたりするには、心の余裕が必要ですよね……。子育てに対して余裕を持つために日々心掛けるべきことはあるのでしょうか?

心の余裕を持つにはやはり、予習が大切です!

育児書を読むなど、子育てに対しての勉強は妊娠中や子どもができる前からでもはじめたほうがいいですね。もちろん、いまからでも。

育児書の通りに育児しなさいということではなく、子育てに対する知識を蓄積することによって、想定の範囲を広げておけばいいのです。

子育てというのは、まだ言葉も話せない子どもを相手にするので、想定外なことが多いんですよ。でも、予習しておくことによって想定の範囲を広げておけば、余裕を持って対処することができますよね。

子育てだって、みなさんが学生時代にやっていた勉強と一緒なんです。

あとは「何があってもうちの子なら大丈夫」と、大きく構えること。根拠なんかなくたって良いんです。親バカだって問題なし! 子どもを信じて子育てすることが大事です。

今回インタビューした河村京子さんの著書『東大・京大生を育てた母親が教える つい怒ってしまうときの魔法の言い換え』(イースト・プレス)は、ついイライラしながら育児をして自分に自己嫌悪してしまう、そんな気持ちを抱えながらも毎日頑張るママにぜひ手にとってもらいたい一冊。

きっと自分自身にも自信が持てる育児ができるようになるはずです!