フランスが世界に誇る美食の街・リヨン。

地理的に、ボージョレ、ローヌ、ブルゴーニュのワインそしてブレスの鶏肉、さらにはシャロレー牛といった食材の産地に恵まれている事から、多くの食通達を魅了する料理を世の中に提供してきました。

そんなリヨンの美味しい食材が集まる場所、それが、リヨンの中央市場(Les Halles de Lyon)、別名「ポール・ボキューズ市場」です。

実はこちら、市場でありながら、その場で美味しい食材を味わえる事でも有名。

市場にはたくさんの店舗が軒を連ねていますが、その中でこれから秋から冬にかけて非常に美味しくなる食材「牡蠣」をたっぷりと味わえる場所をご紹介しましょう。

それが今回ご紹介するお店「メルル(Merle)」。

・店員さんオススメの牡蠣をオーダー
こちらのお店ではたくさんの産地からその時々の旬で美味しい牡蠣を、店員さんが熱心に説明してくれます。

まずはそんな話を聞きながら、オススメの牡蠣をオーダーしてみましょう。

もちろんオススメを2種類ずつなどコンビネーションをお願いする事も可能です。

注文すると手際よく目の前で殻をむいてくれます。

・マコンワインで牡蠣を待ちましょう
牡蠣をオーダーしたのなら、美味しいワインで牡蠣の到着を待つのがオススメです。

もちろんワインも美味しいものをオーダーできます。

牡蠣に合わせるのならマコンワインがオススメ。

マコンワインとはフランス東部ブルゴーニュ地方、マコネ地区で作られているワインのこと。

フルーティで軽やかな辛口白ワインは、牡蠣との相性がバツグンです。

・牡蠣を堪能する
剥きたての新鮮な牡蠣が届いたら、まずはそのまま味わってみるのがオススメです。

ひとくち食べれば、ふくよかな海の味わいと香りが、口いっぱいに広がり、美味しい牡蠣を堪能する事が出来ます。

真ん中に添えられた新鮮なレモンをキュッと絞って味わうと、牡蠣の甘みとウマミが引き出され、最高の味わいへと変わります。

さらにオススメなのが黒こしょう。

引き立ての黒こしょうを添えて、レモンと一緒に味わえば、スパイシーな香りと牡蠣のミルキーな味わい、そしてレモンの酸味が渾然一体(こんぜんいったい)となり、えも言われぬ味わいを堪能する事が出来ます。

もちろん、ワインとの相性はいうまでもありません。

もし美食の街・リヨンを訪れたのであれば、リヨンを世界的に有名にしたシェフの1人、ポール・ボキューズの名前がついた中央市場で美味しい食材を味わう散策にでかけてみてはいかがでしょうか?

きっとそこにはリヨンだからこそ味わえる、そんな味に出会えるに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 メルル(Merle)
住所 Halles de Lyon 102, Cours Lafayette 69003 Lyon, France
営業時間 8:00 〜 22:00
オフィシャルHP http://www.maison-merle.fr/