写真提供:マイナビニュース

写真拡大

住信SBIネット銀行は、日立製作所の人工知能「Hitachi AI Technology/H」)と、GIS(Geographic Information System:地理情報システム)などの統計データを活用した、住宅ローンやカードローンなどの審査手法に関する実証実験を、10月1日から開始すると発表した。

具体的には、従来から行っている年齢や収入などローン審査に利用されてきたデータに加えて、地域別の経済指標や各種データの時系列的な変化を人工知能で分析し、審査業務における人工知能の活用の可能性を検討する。

住信SBIネット銀行は、仮説立案と修正を繰り返す伝統的な審査手法から、人工知能を活用した最適仮説の導出とフィードバックを通じて、人工知能が自律的に審査の最適化を図る先進的審査手法への革新を図る。