28日、日本の自動車メーカー・日産が自動運転チェアを開発したニュースが中国版ツイッターにも掲載された。「回転ずしみたいに見える」などのコメントがついている。資料写真。

写真拡大

2016年9月28日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、日本の自動車メーカー・日産が独自に開発した自動運転テクノロジー・ProPILOTを利用した自動運転チェア「ProPILOT Chair」を発表したニュースが掲載された。

ProPILOT Chairは、前の椅子を追跡するようにプログラムされており、座ると自動的に列の最後尾につくようになっている。レストランなどで行列に並ぶ際などには、ただこの椅子に座るだけでよくなるという。

このニュースに、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「ただの横着にしか見えない」
「怠けたいというその思いが、人を進歩させる」
「そのうち席に座ったまま出勤するようになるかも」

「回転ずしを思い出したのは自分だけ?」
「これからは、すしは回る必要がなくなるな。人が回るから」
「すしじゃなくて、人が回っているのを想像したら、笑いが止まらなくなった」

「これじゃトイレに行けない」
「トイレに行ったら別の人が座ってるよ」
「中国ではチェーンでロックしておかないと、ものの数分でなくなる」(翻訳・編集/岡田)