友達から恋人へ?見知らぬ同士から恋愛へ?幸せになれるのはどっち?

写真拡大

恋愛の始まりは、友達や知り合いからスタートするか、まったくの他人と恋に落ちるか、いずれかしかない。現在片思い・恋愛中の方、はたまた既婚者の方も、どちらかで恋が始まっていることと思う。そうなると、どちらの恋で始まる方がうまくいくのか、長続きするのはどちらなのか、など気にならないだろうか。そこで恋愛カウンセラーの田端裕司さんに話を聞いてみた。

■友達から恋人へのメリットとデメリット

まずは友情から恋愛に発展した場合のメリットとデメリットから伺った。

田端さんは「友人の期間があるため、お互いの長所、短所を理解している。だから、コミュニケーションが図りやすい。また、相手に対して大きな減点はない」とメリットを挙げる一方、「デメリットというか、そもそもの問題として、特に女性がそうなのですが、もともと友達フォルダの中に入っている友人を恋愛対象として認識するには、何かしらきっかけが必要と言えます。例えば、ギャップに萌えるなどですね」と分析する。

しかし「日常で単に友人として接しているだけでは、交際に発展する可能性はほぼない」とその難しさを語る。

■知らない者同士からの恋愛のメリットとデメリット

逆にまったく知らない者同士が出会って恋愛に至る場合のメリットとデメリットも伺ってみた。

田端さんは「異性としてお互いに良いところをたくさん見つけ、恋愛感情を持つことになるため、ラブラブな期間を満喫できる」とメリットを挙げる一方、「お互いに高得点をつけて交際がスタートするので、どうしても、いつの間にか嫌なことが目に付き始める」と指摘する。

そして「付き合いが長くなればなるほど、加点よりも減点が多くなりがちになる。その結果、ケンカ別れに終わったり、倦怠期が長く続いたりする」と予測する。

恋愛はかくも難しいものなのである。

■恋愛カウンセラーにズバリ聞いた!

それでは、どちらの恋愛パターンの方が幸せになれるのだろうか。田端さんにズバリ聞いてみたところ、「まったく知らない者同士が出会って恋愛に至る方が幸せになれる」と言い切った。

その理由は? 「親友であることと男女のセクシャルな関係が両立していることが、幸せなカップルの定義と考えています」と田端さん。「友達フォルダから脱出できる確率がかなり低いのに対し、セクシャルな関係になった後に親友になれる確率は高い」と続ける。

男女の友情から幸せなカップルになるためには、友達フォルダからの脱出が鍵となるようだ。

■それ相応の覚悟が必要

田端さんは「恋愛対象として異性を探す時、友人になっている=恋愛対象から外れた存在である、ということをまず認識しましょう」と厳しい現実を突きつける。「恋愛対象として認識されるには、きっかけが必要です。ただこのきっかけが発生する確率はかなり低いです」とも。

さらに「きっかけが二人ともに発生するわけではありません。どちらか一方というケースもあり得ます。告白しても、友達としか見られないと断られる確率が高いです」とさらなる悲劇を予想する。

「よって友人にアプローチをかける場合、友情が壊れる可能性がある、振られる確率も高い、と、それ相応の覚悟が必要になります」(田端さん)。

どうやら男女の友情と恋愛は、分けて考えた方が吉のようだ。

なお「教えて!goo」には、悩める男性から寄せられた「男女間の友情はあり得ますか?」という悩みと回答を紹介中だ。あわせてチェックしてみては。

●専門家プロフィール:田端 裕司
恋愛カウンセラー。元草食系男子。1000時間以上の恋愛相談を受けた経験を生かして、自身のブログやWEBサイトでコラムを執筆中。また、「ハッピーになれる彼氏、彼女と出会える自分の作り方」のカウンセリングを行っている。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)