スマホの中身はいまの自分。27歳NY在住リクルーターの場合

写真拡大 (全10枚)

スマートフォン。もう、それなくしては生きられないほど必須のガジェット。

それだけにその中身には、持ち主のリアルな生活がつまっています。今回は、在米の日本企業で働く女性のスマホをのぞいてみました。

NYで働くリクルーターのスマホの中身

村上・エリシア・ルイ(むらかみ・えりしあ・るい)さん
職業:リクルーター(人材紹介派遣会社勤務)
ニューヨーク在住歴:1年半

3年前に初めて行ったスウェーデンへのひとり旅をきっかけに英語に夢中になり、転職を決意。アメリカ生まれだけれど、当時は英語が話せなかったというルイさん。27歳。

英語=アメリカということで即行動、ニューヨークへ渡った彼女のスマホの中身は...。

――いちばんよく使うアプリは?

LINE。社内のやりとりのほか、転職候補者とも使います。プライベートでは家族くらいとしか使わず、ほとんどが仕事メイン。

アメリカでは、Linked in、Indeed、MonsterといったSNSが発達しているので、1時間の差でチャンスを逃してしまうことも。スピードが命の仕事なのでLINEは便利。ほぼ仕事用なので絵文字やスタンプは使いません。

――暇つぶし用のアプリは入れてる?

20160930_spny_03.jpgT-mobile Tuesdays」。これは、T-mobile(アメリカの携帯電話会社)が毎週火曜日にお得なサービスを提供してくれるアプリ。ピザや映画が無料になることも。その情報をもとに、予定を決めたりしています。暇な「瞬間」に見ているのは、Facebook。旅行先で知り合った人とつながったりするので友だちは多い方かも。

――ホームスクリーンはどんな画像にしてる?

20160930_spny_04.jpg元から入っている葉っぱの画像。シンプル好きであまり凝り性ではないんです。人間関係などもシンプルにしています。

飲み会文化がないアメリカなので、仕事の時間内にランチミーティングなどで人脈を作って、プライベートはひとりで、または友だちとふたりで出かけます。旅行もよくひとりで。旅行先で友だち作るので、ひとりでもなんだかんだ楽しいですよ。

――朝イチでチェックするアプリは?

LINEニュースで日本のニュースをチェックします。現地にいるものの、ニューヨークの爆発事件が最近いちばんの驚きでした。LINEで地元の北海道ニュースもチェックしています。クリオネや水族館についてなどホッとする情報が毎日届きます。

――寝る前にベッドでチェックするアプリはある?

アプリではないですが、寝る前は会社のメールでよい候補者がいないか確認します。余計な情報がたくさん入ってきて、自分の世界を余計狭くしてしまう気がするのであまりスマホを使わないようにしています。自分が調べたいことがあるときだけ、手に取るようにしています。

――音楽を聴くアプリと、いま、いちばん聴いている曲を教えて。

20160930_spny_06.jpg「TuneIn Radio」。世界中のラジオが聴けるんです。ヒットチャートを聴くので新曲をよく聴いてきています。洋楽しか聴かないんですが、Top40をチェックしたり、EDMのジャンルが好き。いいなと思うとすぐ歌詞を見て英語の勉強をしています。

――天気や時計で登録している都市は?

天気は旅行先を入れています。旅行前からチェックしてワクワクしてます(笑)。旅行後も登録したままなので、20都市以上になっています。

お気に入りはプエルト・バジャルタ 、それから定番ですがカンクンなど。カリブ海は日本からだと遠いけどニューヨークからは3、4時間と行きやすいです。

最近印象的だったのはトリニダード・トバコ島。信じられないくらい海がきれいで日本人はいませんでした。トリップアドバイザーで旅行先のトップ10は必ずチェックして、気になるところはGoogle Mapsでブックマークしています。

――いちばんお気に入りのアプリは?

20160930_spny_07.jpgUber。帰宅の際によく使います。ドライバーのプロフィールやレビューが読めるから安心だし、使いやすい。タクシーはちょっと怖いイメージがあるんです。通勤は地下鉄ですが、始発駅なので座れます。

何か聴くとしたらポッドキャストでサンフランシスコ在住の日本人によるRebuildを聴きます。エンジニアたちのギークな会話をひたすら録音したものです。私は日本でIT関係の営業をしていたので、アップルの新商品情報などが聞けておもしろいです。

――FaceTimeは使う?

転職候補者とのインタビューで使うくらいですね。ほとんどSkypeです。

――お気に入りのInstagramのアカウントを教えて。

ラブラドールの可愛いアカウントはほぼフォローしています。週末の暇なときにみて癒されてます。

――最近いちばんウケたメッセージは?

大学時代の仲良し女子12人でLINEのグループをつくっています。最近は友だちの旦那さんと子どもの写真がうりふたつでウケました。

いま27歳ですが、友だちに子供がどんどん生まれていてふたりめの人もチラホラ。地元の北海道は結婚してママになる年齢が本州より若いです。今年も結婚する友人が多く、式に出席できないので、その度にタイムズスクエアに行ってお祝いの動画をせっせと撮っています(笑)。

――SNSはどれくらいの頻度でチェックしてる?

Facebookは1日に2回、朝と夜です。じつは友だちをフォローしていないんです。ニュースフィードにはABCニュースなど英語のニュースのみ表示されています。

最近どうしているかな?と、気になる友だちについては、その子のページに行って自分でチェックします。リア充な友だちの生活にいいね! しても、本当にそうなのかな? と疑問に思ってしまうので。

ニューヨークは情報がたくさんあるので、必要なものを自分で選択しなければ周りに流されたまま終わってしまうと思い、アンフォローにしました。

20160930_spny_21.jpgニューヨークというエキサイティングな街にいながら、地に足がついた印象のルイさん。

「観光客ほどファッショナブルで、実際に住んでいる人は、自分がいいと思った髪型や服で過ごしています。最初は驚きましたが、それで自分は自分でいいんだ、と思えるように。ほかの人のことが気にならなくなりました」

とも話してくれました。

お気に入りは、ミッドタウンのミュージアムカフェ

20160930_spny_22.jpgこの日ルイさんの話を聞くために訪れたのは、ルイさんのオフィスからも程近い「The Morgan Café(ザ・モーガン・カフェ)」。

モーツァルト、ベートーベンなどの直筆の楽譜や、サン=テクジュペリの直筆原稿などを所蔵する「Pierpont Morgan Library(モーガンライブラリー)」内にあります。

吹き抜けの天井が気持ちいい空間は、レンゾ・ピアノによるデザイン。

20160930_spny_23.jpgスープとサンドウィッチのセットはボリューム満点です。

20160930_spny_24.jpg「お洒落なものが入ってなくて申し訳ないんだけど...」と恥ずかしそうに言いながら見せてくれた、ルイさんのスマホの中身。

媚びることなく必要なものだけを取捨択一して、ルイさんらしい、文字通り「スマート」な中身でした。

>>スマホの中身はいまの自分。26歳NY在住ミュージカル女優の場合

撮影/神田朝子