効率的で楽しく計算力を伸ばす方法がある?(※イメージ写真)

写真拡大

「うちの子、計算が苦手で……」「簡単な計算ミスを繰り返してばかり」――。そんな悩みをもつお母さんがまず取りかかることといえば、「計算ドリルで徹底的にトレーニング」が王道です。でも、もっと効率的で楽しく計算力を伸ばす方法があるとしたら……。『AERA with Kids 秋号』(朝日新聞出版)で親子で楽しく計算力を伸ばす方法を調査しました。

*  *  *
 中学受験専門塾「アテナ進学ゼミ」を主宰する宮本毅先生によると、計算が苦手な子にありがちな行動パターンは以下の4つに分けられると指摘します。

1.簡単な計算も筆算をしている
学校教育の現場では「なるべく筆算で解くように」と教えているケースが多いですが、ごく簡単な計算も筆算するのは考えものです。「35+65=100、25×4=100など、暗算したほうが速く解けそうな問題まで筆算で解くことで、桁を間違えたり、数字を見間違えて計算間違いをしたりしてしまうケースも多いです」(宮本先生)

2.とにかく計算が遅い
計算では正確さだけでなく速さも重要です。計算が遅い子は、文章問題などを解くときに「早く式を立てて計算しなきゃ」という焦りから、じっくり問題と向き合うことができず、結果的に正解にたどり着けないことになりがちです。

3.式は合っているのに計算ミスが多い
算数が苦手な子は、式を立てるのに時間がかかりすぎるため、計算で焦って間違えてしまうケースが多いといいます。反対に、算数が得意な子でも、式を立てた時点で「もう大丈夫」と油断して計算ミスをしてしまうということもあるのです。

4.計算が間違っているのに気づかない
「29×15=3024」のように、明らかに間違った答えを答案に書いてしまう子が多いといいます。「筆算の桁の書き間違いといった不注意が原因なのでしょうが、それより『この計算結果はおかしい』と気づけないことが問題です」(宮本先生)

 いかがでしょうか? また、計算力があるかないかは、「数感覚」が身についているかどうかにも左右されます。

 例えば、お子さんに次の質問をしてみてください。

親子3人で食事に行き、会計が「2778円」になりました。さて、1人当たりの支払額はいくら?

 すぐに「2778÷3=926」と正確な答えを出せなくても、「だいたい3000円だから、1人当たり1000円くらいかな」と考えることができれば合格です。

「この『だいたいどのくらい』という“数感覚”が算数では非常に重要なのです」

 こう強調するのは、前出の宮本先生。

「ときどき『33×55=16665』などと答案に書いて平然としている子がいます。筆算をするときに桁をずらして書いたのが原因のミスですが、数感覚さえあれば、40×60=2400なのだから、こんな大きな数字になるはずがないと答えが出た瞬間に気づくはずです」

 では、どうすれば数感覚を身につけることができるのか。宮本さんは「数に親しむこと」と「暗算力の強化」の二つを挙げています。

1.数に親しむ
ふだんの生活の中で数字について考える機会をつくることが大切。最適なのは買い物で、「おつりの小銭を少なくするにはいくら払えばいい?」「この商品の30%引き後の価格はいくら?」などと子どもに問いかけてみましょう。

2.暗算力をつける
暗算力では、頭の中で数字をイメージし、短い時間でいいので記憶しておけるかどうかが重要になる。高学年以降、何段階も計算を繰り返して答えを導く問題が増えてくると、特にこの力が重要になるので、早めに伸ばしておきたいもの。

 また、その両方の要素を満たす「補数」の感覚を身に付けることも大切と宮本先生は指摘します。

 補数とは、ある数字に足すとちょうどキリのよい数字になる数のこと。例えば、100の補数なら、1+99=100、38+62=100などです。

 また、冒頭の2778円をだいたい3000円と見積もったり、「40×60」の計算結果から「33×55」の答えがどのくらいになりそうか予測したりするのも補数を応用した考え方です。

「できれば、補数はその都度計算するのではなく、九九を覚えるように暗記してしまうのが理想です。100までの補数が瞬時に出てくるようになれば、計算は格段に速く正確になりますし、計算ミスも目に見えて減っていくはずです。」(宮本先生)

 さらに宮本先生は、例えば、100の補数がパッと出てくるようになると、652−593=652−600+7=59のように分解して計算することも可能になり、桁の大きい引き算も暗算で解くことができるようになるといいます。

『AERA with Kids 秋号』では、そんな補数感覚を磨く「補数カード」を付録に付けています。遊び方もいろいろ紹介しているので、親子で遊びながら計算力をつけてみてはいかがでしょうか?