安倍晋三首相は政治方針として「美しい国、日本」を目指すとしているが、中国人からすると、その政治方針は「すでに実現している」と見えるようだ。中国メディアの天天快報はこのほど、「理性的に日本を見てみると、日本はやっぱり美しい国だ」と題する記事を掲載し、中国人から見た日本の美点や長所を紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 安倍晋三首相は政治方針として「美しい国、日本」を目指すとしているが、中国人からすると、その政治方針は「すでに実現している」と見えるようだ。中国メディアの天天快報はこのほど、「理性的に日本を見てみると、日本はやっぱり美しい国だ」と題する記事を掲載し、中国人から見た日本の美点や長所を紹介した。

 記事は、日本の美しさは実際に自分の目で見てみないと分からないと指摘。ネットで検索するのではなく、実際に日本に行って「人間開発指数」で中国を大きく上回る日本を肌で感じるように勧めた。

 続けて紹介したのは、日本では日常的に「和服姿の日本人を見かける」こと。実際にはそれほど頻繁に目にするわけではないが、時折和服姿の人を見かけても日本では誰も驚かないだろう。しかし、中国で伝統的な衣装である漢服姿の人を見ることはまずない。もしも漢服を着て街を歩こうものなら、奇異な目で見られること間違いなしだ。モダンと伝統が共存している点が中国人からすれば美しいと映るようだ。

 また、日本では「法と道徳の遵守意識」が高く、政府機関や公園、体育館等に警備員がいないこと、信号を渡り終えないお年寄りがいても、自動車がクラクションを鳴らすことなく待ってくれること、偽物が流通していないため安心して買い物ができること、街がきれいに整備されていて、自然環境が非常に良いことなどを紹介した。

 確かに中国で暮らしてみると、中国人は「法と道徳の遵守意識」が低く、中国では治安維持のためにどこにでも警察官がいること、偽物や偽札が流通しているため、買い物のときも気を抜くことができない。日本にいれば当たり前と見過ごしがちなこれらの習慣や光景は、中国人の目を通して見ると美しかったのだと気が付かされる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)