まだまだ現役!サイズアウトした子供服のリメイク術

写真拡大

子供の成長はとっても嬉しいけれど、その分、子供服はすぐにサイズアウトして着れなくなってしまうもの。でも、捨ててしまうのは勿体ない…。そんな時はリメイクがおすすめです。思い出がたっぷり詰まった大切な服だから、長く親しみたいものですね。



元の記事を見る

子供服リメイク・バッグ編

■ スカートで簡単にトートバッグ

見た目はスカートそのもの。でもそれがとっても可愛いトートバッグです。作り方は簡単!裾を縫って底にして、上部に持ち手を付けるだけ。ウエストのゴムが伸びていても問題ありません。ステンシルで模様を付けても良いですね。

■ 100均カゴ×デニムのリメイクバッグ

着られなくなったデニムを棒状に切り分け、カゴの穴に通しながら編んでいくと出来上がるカゴバッグ。これなら裁縫があまり得意でない人でも気軽に作れますね。最後にウエスト部分をアクセントに巻き付けたら、元気印のニコニコワッペンを付けて。

■ レトロにワンピースをリメイク

ギャザーの入ったレトロ感たっぷりの昭和バッグ。朝ドラのヒロインが持っていて「可愛い!」と人気を集めています。材料は女の子のワンピース。幼児サイズがピッタリです。持ち手には木を取り付けたらまさにレトロバッグ♪

■ 真夏にピッタリ♪キャミソール×カゴバッグ

キャミソールの裾部分と夏っぽいフルーツカゴを組み合わせて、夏の装いにピッタリのカゴバッグを作製。キャミソールは元々肩が紐状なので、持ち手の素材を別に用意する必要がないのが楽ですね。ちなみに針と糸も不要です。

■ セリアのジュートトートバッグを古着風に

中が防水仕様で使い勝手バツグンのセリアのジュートバッグ。シンプルナチュラルな雰囲気が味ですが、子供用デニムパンツからポケットやベルトを切り離してバッグに貼ると、古着風のカッコ良いバッグに大変身。ポケットには中に小物を入れることもできますよ。

■ スカートdeリュックサック

ウエストがゴムのスカートは、そのギャザーを利用して可愛いリュックサックにリメイク。長さも変えずそのまま裾を縫って袋状にするので、採寸の手間がかからずとってもお手軽。ポケットを付けてアレンジしても素敵ですね。

■ 柄の可愛い子供服はポシェットに

可愛いデザインの多い子供服は、リメイクしてもその柄をそのまま楽しむことができます。ポシェットにするとファッションのアクセントにピッタリ。大人なら同じサイズのものを腰につける移動ポケットにしてもおしゃれですね。

■ ズボンの裾を有効活用

ある程度の幅のあるズボンの裾を中表にして手提げバッグに。控えめな色がナチュラルテイストを楽しませてくれます。外出時に持ち歩いてもよし、ダイニングテーブルに置いて小物を入れてもよしの万能バッグです。

子供服リメイク・小物編

■ 端切れ布をスマホケースに

持て余しがちなデニムなどの切れ端はスマホケースにピッタリステッチが可愛いズボンのポケットはそのまま使うとおしゃれです。フェイクレザーのベルトやステンシルでアレンジすれば世界で1つだけのオリジナルスマホケースの完成です。

■ 100均メガネケースをリメイク

表面が布タイプのメガネケースに子供服を貼ってオリジナルメガネケースに。服のイラストや模様を活用してキュートに仕上げましょう。中はそのままでも良いですが、貼られているシートを剥がして布を貼り直すこともできますよ。

■ 子供ズボン1枚でいろんなアイテムを

ベルト通し部分、ボタン部分、布地部分、ポケット…ズボン1枚のあらゆるパーツを切り分けて、お揃いのいろんなアイテムを手作り。ペン立てやバッグ、今流行りのガーランドなど、おうちの中のそこかしこに思い出を残しておけます。

■ 意外!子供服でインテリアフレーム

デニムを使ってこんなにおしゃれなフレームが作れちゃうなんて意外ですよね。元から文字などのデザインがある部分を利用しても良いですが、無地の場合はステンシルを施しても○。立てかけて置くだけでお部屋がグンとおしゃれになります。

■ 袖口を有効利用マグカバー

取っ手のないカップにカバーをかぶせて、熱い飲み物を飲む時の火傷防止に。これには子供のトレーナーの袖口がピッタリです。大人の袖と比べて細く、伸縮性のある布地はカップにジャストサイズ。袖は2本あるのでペアで作れますよ。

■ 甘すぎない!デニム素材のシュシュ

ちょっぴり男前でカッコ可愛いシュシュを作りたいなら、古着デニムを使うのがおすすめ。大人カジュアルな雰囲気が素敵です。針と糸は使わず布用ボンドを使うので、工作感覚で簡単に作れちゃいます。

■ シンプルナチュラルなニット地カチューシャ

柔らかで伸縮性のあるニット生地の子供服が、大人可愛いリボン付きのカチューシャに。頭につけやすくなるよう、中にカチューシャの芯を入れて作ります。ちょっとしたアクセントにレースをあしらうととってもナチュラルで清楚な感じです♪

材料別子供服リメイク・Tシャツ編

■ まだまだ着たいから!洋服を洋服に

サイズアウトしたけれど、お気に入りで思い出深いからまだまだ着たい!…というTシャツは、袖を切り取ってタンクトップにしちゃいましょう。小さくなっていても肩はまだ入るという場合って多いですもんね。裾には他のお洋服の裾部分を付け足して長くして。

■ えっ?!ふなっしーがあのキャラクターに!

子供にも大人にも大人気のふなっしー。でもこの色、これまた人気のミリオンズにそっくりなんです。そこで、ふなっしーをミリオンズにリメイク。両目の部分を小銭入れにするという遊びゴコロいっぱいで、楽しく着られますよ。

■ 材料別子供服リメイク・ズボン編

100均のプラスチックの風呂椅子。お部屋に置きたくても生活感が出ちゃうのが気になりますよね。そこで、子供のデニムパンツで簡単リメイク。使うのはお腹まわりの部分。風呂椅子に履かせてコルク鍋敷きで蓋をすると完成です♪

■ チョイダサなズボンを流行りのデザインに!

近頃は細身タイプのズボンが流行っていて、ベルボトムのような裾が広がったものはちょっと時代遅れ感が漂いますよね。そこで、ズボンの裾を細く絞って縫い付けて、今人気のカーゴパンツにラフなアレンジが素敵です。

■ 男の子服を女の子服に

兄妹の性別が違うと洋服のお下がりがなかなか難しいですよね。お兄ちゃんのズボンがお下がりになった娘に「もっと可愛い服が良い!」と駄々をこねられるというのもありがち。ズボンにはレースを付けて女の子っぽく見えるようにしてあげると、女の子向けのデザインにできますよ。

まだまだあります!子供服リメイク術

■ ワンピース×スカートでバルーンワンピースに

バルーンタイプのワンピースってとてもキュート。でも自分で裏地を作るのはなかなか大変です。そこで、裏地の代わりに別のスカートを中にIN。バルーンは縫い目が目立たなくなるデザインなので、気楽にサクサクっと仕上げましょう。

■ デニムで帽子をアレンジ

シンプルな帽子をちょこっとリメイク。デザインの可愛い女の子用デニムショートパンツのウエスト部分や裾のフリルをカット。帽子にかぶせて貼り付けるだけで完成です。両面テープでできるので、不器用さんでもラクラクですね♪

■ ほっこり♪ベビー服で抱き枕

ベビー服をそのまま使って思わずほっこりしちゃう抱き枕を。中に詰める綿の代わりもベビー服。古着を一掃できるアイデアです。フードに動物の顔が付いている服を使うと特に可愛いですよ。ホッカイロを入れれば湯たんぽにもなって素敵♪

■ ちょっとした丈伸ばしに布用ボンドで簡単リメイク

痩せ方だけど身長は標準以上ある子供の場合、横はまだ入るのに丈が短くなって着られなくなる服が多いもの。そんな時はスカートやワンピースの裾にレースを付けて、数センチの丈伸ばし。布用ボンドを使うとお手軽です。

いかがでしょう?子供服のリメイクと聞くと針や糸、ミシンを使って手の込んだ加工をするというイメージがあってなかなか挑戦できなかった方も、意外に簡単で驚いたのでは?これからは、「売る・あげる・捨てる」の中に「リメイクする」の選択肢も加わるととても素敵ですね。