『Spotted Flower』(木尾士目/白泉社)

写真拡大

 離婚の原因にもなりうる深刻な“セックスレス”問題。「仕事が忙しいから」「付き合いが長いせいで性的対象として見られないから」「育児で疲れているから」……などなど、理由は様々。お互いの誤解やコミュニケーション不足が原因であることが多いものです。でも、もしそれがとある“容姿”が原因で、それ自体を解消することができない場合はどうすればいいのでしょうか……?

 妊娠して大きくなったお腹を見ると萎えてしまう旦那と、そんな旦那とセックスをしたくてもどかしく思う奥様のセックスレス問題をコミカルに描いた『Spotted Flower』(木尾士目/白泉社)。なんと約2年半ぶりに第2巻が発売! まだかまだかと待っていた読者の方々も多いのではないでしょうか。

 この作品の見所はなんといっても“奥様の頑張る姿”。なかなか相手をしてくれない旦那に対して、あの手この手で誘惑しようとする健気な姿には思わず涙がほろりとしてしまうほど……。しかし、最新刊では、とうとう旦那のムラムラスイッチを発見? 突破口を見つけた奥様は、全恥を捨てて一大勝負をしかけます。

 もちろん旦那も奥様を愛していないわけではないんです。でも、どうしても大きくなった彼女のお腹を見ると、セックスをする気持ちが萎えてしまう。出産の立ち会いですら渋ってしまうほどの小心者。でも、そんな旦那も小心者なりに彼女のことは考えていて……。

 今までお互いに譲らなかった状況から一転、相手のことを考えながら歩み寄る姿が描かれています。結局、セックスレス問題って、片方が頑張るだけでは意味がないんですよね。お互いに思いやり、ときには妥協をしたり勇気を出したりしなければならないのだな、と感じさせられる場面が多々あります。結婚して終わり、ではなくて、夫婦の仲だって日々発展するもの。2人の一方通行な思いは、少しずつ相手への気遣いによって形を変えていきます。

 最新刊は、そんな2人のセックスレスを克服していく姿や新たなライバル(?)キャラの登場、そして近づく出産予定日、突然の陣痛、と盛りだくさんの充実した内容。2年半近く待っていた一ファンの私も大満足の一冊でした。

 ちなみに、作者の木尾士目先生は「げんしけん」シリーズでも有名ですよね。この作品はとある理由からげんしけんファンにも嬉しい作品となっているのですが、最新刊ではさらに、げんしけんファンならわかる嬉しい要素が増えているのです……。もちろんこの作品だけでも十分に面白いですが、お時間に余裕があればぜひとも『げんしけん』を最新刊まで読んでいただければ、さらに新しい視点で面白さが増す作品になっています。

 なにはともあれ、2年半ぶりの最新刊は、セックスレスに悩む人たちにも、この作品自体が好きな人にも、げんしけんファンにも、大満足の一冊であることには間違いありません。ゆっくりと、でも着実と深まる2人の仲には感動必至です。

文=園田菜々