マリオ、ギャラガ、魔界村ほか30本収録 小型ファミコン11月発売

写真拡大

任天堂が、往年の“ファミコン”の名作ゲーム30本が楽しめる『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』を11月10日に発売することを発表した。

ファミリーコンピュータ(通称「ファミコン」)は1983年に発売され、累計売り上げ台数が全世界で6000万台以上を記録した家庭用ゲーム機。スーパーマリオブラザーズ、ドラゴンクエストシリーズ、ファミリースタジアム、ゼルダの伝説、ゼビウスなど、数々の大ヒットゲームを生み出したファミコンは、ひとつの社会現象となり、テレビゲームが一般家庭に普及する大きなきっかけとなった。

今回発売される『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』は、かつてのファミコンの本体を60%程度に縮小し、あらかじめ収録された合計30本のゲームを、カセット交換なしに楽しめるというもの。テレビなどのモニターに接続することにより、当時と同様のコントローラーで30タイトルのゲームをプレイすることができる。

収録されているゲームは以下の通り。価格は5980円(税別)。

「ドンキーコング」
「マリオブラザーズ」
「パックマン」
「エキサイトバイク」
「バルーンファイト」
「アイスクライマー」
「ギャラガ」
「イー・アル・カンフー」
「スーパーマリオブラザーズ」
「ゼルダの伝説」
「アトランチスの謎」
「グラディウス」
「魔界村」
「ソロモンの鍵」
「メトロイド」
「悪魔城ドラキュラ」
「リンクの冒険」
「つっぱり大相撲」
「スーパーマリオブラザーズ3」
「忍者龍剣伝」
「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」
「ダウンタウン熱血物語」
「ダブルドラゴン ザ・リベンジ」
「スーパー魂斗羅」I
「ファイナルファンタジー掘
「ドクターマリオ」
「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」
「マリオオープンゴルフ」
「スーパーマリオUSA」
「星のカービィ 夢の泉の物語」
(発売順)

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです