29日、中国国防部の楊宇軍報道官は、日本が南シナ海で米軍と共同巡航訓練を行う可能性を示唆したことについて、「火遊びをするようなものであり、黙認しない」と述べ、けん制した。

写真拡大

2016年9月29日、中国国防部の楊宇軍(ヤン・ユージュン)報道官は定例会見で、稲田朋美防衛相が先ごろ、南シナ海で自衛隊と米軍による共同巡航訓練を行う可能性を示唆したほか、南シナ海で中国の人工島周辺に艦船を航行させる米国の「航行の自由作戦」に支持を表明したことについて、「火遊びをするようなものであり、黙認しない」と述べ、けん制した。新浪軍事が伝えた。

楊報道官は「日本は南シナ海問題における域外国でありながら、南シナ海を『かき混ぜて濁らせ』、漁夫の利を得ようとしている」と主張。その上で、「日本が中国の管轄海域で共同巡航や合同演習を行いたいというのであれば、それは火遊びをしているようなものであり、中国軍は黙認しない」と語った。(翻訳・編集/柳川)