とろ〜りチーズがたっぷり!アイデア盛りだくさんのレシピ集

写真拡大

数え切れないほどたくさんの種類があるチーズ。昔も今も大人気の食材で、料理からデザート、お菓子まで幅広く使われています。濃厚な味わいを活かした数多くのチーズ料理レシピの中から、皆さんにおすすめしたい厳選レシピをご紹介します。



元の記事を見る

おつまみにピッタリのチーズレシピ

■ 時短フライ☆ささみ&チーズの春巻き

【材料】
・春巻きの皮:10枚
・ささみ:1本
・酒:適量
・塩胡椒:適量
・大葉:5枚or10枚
・スライスチーズ:5枚or10枚
・練り梅:あればお好みで
・水溶き小麦粉:適量

小麦粉、卵、パン粉が不要の時短揚げ物の代表格である春巻き。スライスチーズと一緒に高タンパク低カロリーのささみ、大葉を巻いて揚げるだけの簡単メニューです。大葉は透けて見えるように巻くと彩りが綺麗ですよ。

■ 日本酒の肴に…チーズと昆布の酒漬け

【材料】
・パルミジャーノ・レッジャーノ:30g
・刻み昆布:10g
・日本酒:適量
・スモークサーモン:適量

チーズと刻み昆布を容器に入れ、日本酒を注いで漬け置いたおつまみ。食卓に上げる際にスモークサーモンを添えたら、サーモンにチーズを包んで召し上がれ♪チーズは他の種類のものでも大丈夫なので、いろいろ試してみても良いですね。

卵を使ったチーズレシピ

■ クロックムッシュ&クロックマダム

【材料】
・ホワイトソース
・バター:15g
・薄力粉:大さじ2
・牛乳:200ml
・コンソメ:小さじ1/2
・塩 コショウ:少々
・食パン(8〜10枚切り):4枚
・スライスチーズ:2枚
・ハム:2〜4枚
・ブラックペッパー:適量
・卵:1個

クロックムッシュとクロックマダムはフランスの代表的な朝食メニューです。パンにチーズとホワイトソースを乗せたクロックムッシュに、さらに半熟の目玉焼きを乗せたのがクロックマダム。オシャレなフランスの朝の味を食卓で楽しめます。

じゃがいもを使ったチーズレシピ

■ 軽食に☆チーズ&じゃがいもマフィン

【材料】
・じゃがいも:200g
・ホットケーキミックス:200g
・たまご:1個
・オリーブオイル:大さじ1
・枝豆:適量
・桜えび:適量
・ピザ用チーズ:適量
・塩・コショウ:適量

チーズ、枝豆、サクラエビを入れたお食事系マフィン。じゃがいもたっぷりなので満腹感を得やすく、腹持ちも良い大満足のメニューです。具をベーコンやきのこに替えてもOK。飽きがこなくて良いですね。

■ じゃがいもならではのレシピ☆スコップコロッケ

【材料】
・じゃが芋:3個(250g)
・しらす干し:50g
・ピザ用チーズ:30g
・味噌:小さじ1
・パン粉:20g
・オリーブオイル:大さじ2

スコップコロッケとは、スコップのようにスプーンですくって食べるコロッケのことをいいます。油で揚げず大幅にカロリーカットできるので、その分チーズをたくさん入れられるのが喜びどころ。味噌としらすで和風の味わいです。

トマトを使ったチーズレシピ

■ ホットケーキミックスで☆簡単マフィン

【材料】
・ホットケーキミックス:200g
・卵:2個
・牛乳:60cc
・マヨネーズ:大さじ4
・プチトマト:20個(約150g)
・バジル:5〜6枚
・ピザ用チーズ:100g

トマト、チーズ、バジルといった安定の組み合わせのイタリアンマフィン。トマト赤とバジルの緑が食卓に映えます。ホットケーキミックス使用で忙しい朝の調理時間を減らせるのも嬉しいですね。

■ チーズがとろけるカプレーゼ餃子

【材料】
・餃子の皮:25枚
・トマト:大きめ1個
・モッツァレラチーズ:半分程度
・バジル:13枚程度
・塩コショウ:適量

カプレーゼは、イタリア南部カプリ島の色鮮やかなサラダで、近頃では日本でも人気を集めています。そんなカプレーゼをチーズと一緒に餃子の皮に包んで焼くと、食べやすいメニューに大変身。チーズがとろける熱いうちに召し上がれ♪

モッツァレラチーズのアレンジレシピ

■ これ1皿でランチに☆ズッキーニボートのサラダ

【材料】
・丸ズッキーニ:3個
・クリームチーズ:100g
・明太子:120g(1パック)
・豆乳:50cc+50cc
・昆布だし顆粒:1袋(5g)
・そうめん:50g
・モッツァレラキャンディチーズ:1袋
・細切りモッツァレラチーズ:お好みの量

丸ごとのズッキーニのフォルムがなんとも可愛いサラダです。中にそうめんを入れてあるので、これ1皿だけで立派なランチにできます。最後に乗せて焼いたチーズの香ばしさがたまらない1品です。

とろけるチーズでとろとろアレンジレシピ

■ 超簡単☆レンジでできるチーズ豆腐

【材料】
・絹ごし豆腐:150g
・とろけるスライスチーズ:1枚
・粗挽き黒こしょう:適量
・オリーブオイル:適量
・しょうゆ(お好みで):適量

調味料以外は豆腐とチーズの2つだけでできちゃうお手軽メニューです。さっぱりした豆腐にチーズの濃厚さが加わり、ボリュームアップ。黒こしょうが良いアクセントになります。豆腐は最初にしっかりと水切りしておきましょう。

ミックスチーズを使ったレシピ

■ ケチャップ味が最高!ナポリタンライス

【材料】
・オリジナルパスタソース ナポリタン:1パック
・デリッチオ パルメザンチーズ:適量
・ラニエリ エキストラバージンオリーブオイル:適量
・ソーセージ(5mm幅の輪切りに):4本
・オリジナル ミックスチーズシュレッド:大さじ3
・ご飯:1合分
・インゲン:20本
・温泉卵:2個
・塩コショウ:適量

昔懐かしい洋食の味、ナポリタン。スパゲティのみならず他の麺類でもナポリタン味がアレンジされていますが、お米でもやっぱり美味しいのです。鮮やかなオレンジ色のライスの上に真っ白なパルメザンチーズを雪のようにたっぷりかけていただきます。

■ チーズたっぷり♪トマトソースドリア

【材料】
・お米:2合
・水(野菜を入れた後の炊飯器のメモリ):約3合半のメモリ
・豆乳:100cc
・上新粉:大2
・クノール:オニオンスープの素:1袋
・ピーマン:大1個
・人参:約40g
・玉ねぎ:1/2個
・生しいたけ:2個
・にんにく:ひとかけ
・オリーブ油(米油やお好みの油):約大1/2
・ミニトマト:10個
・ウィンナー:10個
・トマトピューレ:1箱
・水:約100cc
・コンソメスープの素:1袋
・ローリエ:1枚
・オールスパイス:約6振り
・はちみつ:大1-2
・中濃ソース:大1
・上新粉:大2
・ミックスチーズ:お好みの量
・塩:小さじ1

ホワイトソースやミートソースなどいろんなタイプのドリアがありますが、こちらのトマトソースドリアはトマトの酸味とチーズの相性がバツグン!たくさんの材料を一気に炊飯器で炊き上げます。上新粉を使ってとろみを付けて上品に仕上げましょう。

おかずにピッタリ☆チーズレシピ

■ 山芋&なすのチーズ蒸し

【材料】
・長芋:長さ10cm
・なす:1本
・スライスチーズ(とろけるタイプ):4枚
・塩、粗挽き黒こしょう:各少々

少ない材料でボリュームのあるおかずができるありがたいレシピ。山芋のほくほくした食感は病みつきになります。メインのおかずにしたいならウインナーやベーコンを入れてもOK。お酒にもよく合うので、おつまみにしても良いですね。

相性ピッタリ♪パスタ×チーズレシピ

■ とってもシンプル☆リコッタチーズパスタ

【材料】
・ショートパスタ:500g
・リコッタチーズ:275〜300g
・パセリ(細かく刻んだもの):2束
・パルメザンチーズ:適量

2種類のチーズとショートパスタで作るシンプルなパスタ。チーズの風味と濃厚さをしっかり味わえます。もっとボリュームを出したい場合はベーコン、きのこ、ツナなどを追加してもOKですよ。

■ ドライトマト&チーズのオイル漬けパスタ

【材料】
・パスタ:適量
・ドライトマトのオイル漬け:適量
・チーズのオイル漬け:適量
・ニンニクみじん切り:適量
・オリーブオイル:適量
・塩コショウ:適量

単なるトマトとチーズではなく、ドライトマトとオイル漬けにしたチーズを加えたパスタです。ギュッと凝縮されたトマトの旨みとオイル漬けチーズのオシャレさがワンランク上の味わいを連れてきます。最後は意外にも万能ねぎを振りかけてもGOODです。

合わないはずがない!パン×チーズレシピ

■ 2種のチーズで市松模様トースト

【材料】
・食パン(6枚切り):1枚
・スライスチーズ:1枚
・チェダーチーズ:1枚

どうせ乗せるなら可愛いほうが良い!…そんな時はスライスチーズの白とチェダーチーズの黄色を活かして市松模様デザインのトーストに仕上げましょう。それぞれの味を一緒に堪能できますし、子どもも喜んで食が進むこと間違いなしです。

■ 手軽にチーズケーキを味わえる!デザートトースト

【材料】
・食パン(お好みの厚さで):1枚
・スライスチーズ:1枚
・ヨーグルト(加糖タイプ):大さじ1
・マーマレードジャム:小さじ1

濃厚なチーズ、酸味のあるヨーグルト、甘くて色の綺麗なジャムを一緒にトーストすると、まるでチーズケーキのような味わいのデザートトーストが出来上がります。急にチーズケーキが食べたくなった時に家にある物で簡単に作れるのは良いですね。

■ 卵がトロ〜ッ☆カルボナーラ風トースト

【材料】
・食パン(6枚切り):1枚
・・マヨネーズ:大さじ2
・卵:1個
・ベーコン:2枚
・とろけるスライスチーズ:1枚
・ブラックペッパー:少々
・生クリーム:適量

卵やチーズ、ベーコンなどカルボナーラの材料を乗せて焼いたパン。手間をかけず簡単にカルボナーラ風の味を楽しむことができます。ポイントは堤防のように食パンの四方に搾り出したマヨネーズ。卵やチーズを流れさせずに焼ける素敵なアイデアです。

クリーミーなリゾットに☆チーズレシピ

■ ハロウィンの食卓に♪かぼちゃのチーズリゾットドリア

【材料】
・テーブルマークのパックごはん「たきたてご飯ごはん」:1食(150g)
・鶏むね挽肉:50g
・かぼちゃ(1cm角):正味75g
・生クリーム:大さじ2〜3
・ピザ用チーズ:約20g
・塩・こしょう:少々
・水:100cc
・鶏がらスープの素:小さじ1
・めんつゆ:小さじ1

ごはんを使うチーズ料理といえばやっぱりドリアとリゾット。甘くてほくほくのかぼちゃを加えるとハロウィンランチやディナーにピッタリの1品になります。隠し味には香り高いめんつゆを入れましょう。

■ 冬の味覚・牡蠣のチーズリゾット

【材料】
・テーブルマークのパックごはん(分割タイプ):2パック(300g)
・生牡蠣:100g
・玉ねぎ(薄切り):1/4個(50g)
・ピザ用チーズ:50g
・クレソン:適量
・バター:10g
・オリーブオイル:小さじ1
・塩・こしょう:少々
・白ワイン:大さじ1
・固形ブイヨン:1個
・水:250cc

海のミルクと名高い牡蠣は冬に旬を迎えます。そんな牡蠣をアツアツのリゾットに入れて寒い冬のあったかメニューに。最後に生クリームをかけると濃厚なコクがプラスされて美味ですよ。

ご飯をオシャレにするチーズレシピ

■ 余ったカレーの救済☆可愛いチーズカレー

【材料】
・余りカレー:お茶碗 約1杯分
・(余り)ご飯:お茶碗 約2杯分
・チーズ(細切り):お好みの量
・とろけるスライスチーズ:3枚
・ミニトマト:6個
・パプリカ:スライス6枚分
・ラディッシュ:お好みの量

大量に作って数日持ち越しがちなカレー。何日も続く時はちょっと目先を変えてアレンジしちゃいましょう。カレーのイエローにトマトやパプリカの赤色が華やか。チーズと一緒にシリコンマフィン型に入れてレンジでチンした可愛いフォルムに、子どもの目も輝きます。

「チーズの可能性って本当に無限大!」そんな風に思うくらいアレンジ自在のチーズ。カルシウムも摂れるので、積極的に食事に取り入れていきたいですね。