様々な地域に様々な銘店といわれる居酒屋はあれど、最高のお店は人それぞれ違う。もちろん人それぞれの思い出や体験も影響しているだろう。長い歴史がある居酒屋ほどファンは多いというものだ。

今回はそんな長い歴史を持つ居酒屋をご紹介したい。

お店の名前は「大甚(だいじん)本店」。

愛知県名古屋市で居酒屋と言えば「大甚(だいじん)本店」、と言われるほど、地元では名の通った老舗中の老舗居酒屋だ。

それもそのはず、こちらのお店の創業は1907年(明治40年)。

明治40年と言えば、日露戦争に勝利した日本において、東大、京大に続く3つ目の旧帝国大学、当時の東北帝国大学(後の東北大学)が仙台に創立された年。

そんな年に産声をあげたのが、こちらの「大甚本店」なのだ。

こちらのお店、飲み物は昔ながらの日本酒とビールしかないのだが、日本酒が好きなら日本酒をオススメしたい。

日本酒は賀茂鶴と菊正宗の特級のみ。

お店を入るとすぐの場所にある特製の燗つけ器があり、絶妙のタイミングでお燗された日本酒は、香りもよくゆっくりと口の中でほどけていく。

そんなお酒に合わせるツマミは自分で取りにいくという、昔の食堂スタイルだ。

ツマミは作りおきの惣菜がメイン。

その時その時の旬のものを使った総菜のため、ほぼ毎日メニューが変わるのも嬉しいポイントだ。

タイの子の煮付けに、イワシの煮付け、イカの炊き合わせにモロキュウなど、30品目以上が、所狭しと台の上に並べられている。

他にも焼き魚や刺し身、焼き鳥、ステーキ、ウナギなども注文できるという、なんでもアリの居酒屋、それが「大甚本店」なのだ。

しかし1つだけ気をつけてほしいポイントがある。

こちらのお店、ラストオーダーは午後9時で、午後9時20分あたりになると強制退場になる。

そのため、こちらのお店に行くのであれば、早めに仕事を切り上げておくのが吉なのだ。

もし、名古屋に行くのであれば、名古屋の居酒屋の草分け的な存在とも言える「大甚本店」を訪れてみてはいかがだろうか?

長きに渡って名古屋の歴史を見続けてきた居酒屋では、どこか懐かしく、そしてどこか新しい、そんな様々な時間の澱(おり)すらも垣間見せてくれる、極上の時間を楽しめるにちがいないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 大甚 本店 (だいじんほんてん)
住所 愛知県名古屋市中区栄1-5-6
営業時間 16:00〜21:00
定休日 日曜・祝日