トマトをベースに用いたラーメン店で女性中心に人気が高いのが全国にチェーン展開する「太陽のトマト麺」。当初は企画色の強い印象だったが、今年で晴れて10周年。そこで生まれたのがヘルシーな『明星 太陽のトマト麺監修 トマトのスープはるさめ』だ。

■オフィスで気軽に食べるには気が引けるガーリック臭に要注意!

一見麺メニューだけれど、低カロリーダイエット食材を使用したスープはるさめ(主に明星とエースコックが製造)は、カップタイプだと健康意識の高い女性のランチメニューとしても人気が高い。


そこに「太陽のチーズラーメン」などイタリアンな印象を併せ持つメニューを持ったラーメン店「太陽のトマト麺」が監修に加わって作り上げたのが明星食品『明星 太陽のトマト麺監修 トマトのスープはるさめ』(33g・希望小売価格 税抜160円・2016年8月29日発売)。まさに女性のハートを狙い撃つ商品としか思えない。


それでは実際に食べてみよう。中には乾燥した透明なはるさめが入っており、中には先入れの粉末スープ&かやく(キャベツ、コーン、チンゲン菜、オニオン、ニンジン)の袋と後入れ液体スープ。

220mlの熱湯3分で蒸らし終了。香りはミネストローネ的な実にイタリアンな印象。


仕上げの液体スープを投入すると、トマトの濃い香りが溢れ出し、同時に鼻を突くガーリックの凶暴な臭気。ヘルシーイメージだっただけに、思ったよりも強烈に感じてしまった。


スープを飲むとまさにトマト&ガーリック。ライトなピザソース的な印象で、キャベツとコーンが存在感を漲らせる。肝心のはるさめは、やはりはるさめ。ツルツルしているのはいいのだが、スープを絡ませにくいので、スープを飲みながらかき込むスタイルで食べる方がしっかり味を感じられる。


その味わいはまさにスタミナ街道一直線。女子ランチ志向かと見た目で思ってしまっていたが、オフィスで食べるとかなりインパクトがあるくらいガーリックが効いている。さらにハーブも効いていてイタリアン的な味が好きなら良いが、ラーメンの一種として味わうと違和感を覚えるだろう。


残業で周りに人がいなくなった段階でのオフィスで、もうひと頑張りするために味わうのが良いのではないだろうか。食後に人に会うのなら、ブレスケアが必須だと感じた。