鞄の中は雑菌だらけ!?毎日持ち歩くアレが原因だった!

写真拡大

通勤・通学に、毎日持ち歩く鞄。あまり意識したことは無いが、鞄は一体どのくらい汚れているものなのだろうか。「教えて!goo」には、「車内でバッグを床に置かれる方に質問です」というタイトルで、「汚い床にジカにおいたらバッグの底が汚れると思うのですが、気になる事は無いでしょうか?」という質問が寄せられている。
これに対しての意見は人によりけりで、「軽くはらうだけで済まして、汚れはあまり気にしていません」(kisaragi0さん)、「電車の床、歩道の地面、無作為に抽出した通行人の50人の掌で同じ面積辺りの菌の数を比較した実験を見たことがありますが、50人中1人の例外も無く掌が床より地面より菌が多いという結果が出てました」(cucumber-yさん)、「旅行用のトランクなんか四六時中地べたをひきずりまわしているじゃないですか。あれと同じなんですよ。たぶん」(hunaskinさん)などだった。

■汗や水分を吸ったハンドタオルは菌の温床!

ライオン・お洗濯マイスターの山縣義文さんによると、鞄そのものよりも鞄の中に入れているものが菌を増殖している場合があるのだそうだ。

「鞄の中に入っている持ち物として、特に女性はハンドタオルが必須と思われます。ライオンの調査(2014年身体洗浄剤実態調査)によると、フルタイムで働いている女性の外出先での手洗い回数は平均4.3回でした。一度手を拭くとハンドタオルは濡れて湿ってしまい、密閉性の高い鞄の中に放置しておくと、5時間経ってもハンドタオルに含まれる水分は80%以上も残っています。つまり、一度使用したハンドタオルには菌や汚れが付着しており、鞄の中は菌にとって増殖しやすい環境となります」(山縣さん)

菌の増殖や菌が原因で生じる異臭が鞄に移り付くのを防ぐためには、帰宅したらすぐにハンドタオルを取り出し、鞄のフタを開けて乾燥させるとよいとのこと。

「ハンドタオルのほか、折り畳みの傘も鞄に収納されている方も多いと思いますが、使用した後の濡れた傘も鞄の中に放置せず、早めに取り出しましょう。なお、鞄の中の菌やニオイが気になる場合には、鞄の説明書を確認して、布製品の除菌・消臭スプレーを噴霧してしっかり乾かしましょう。ただし、除菌・消臭スプレーの使用は鞄の内側の生地が布製のものに限ります」(山縣さん)

毎日同じ鞄を使っている人は、時々中身を取り出して乾燥させるとよいだろう。違う鞄を使えば服とのコーディネートも楽しめるので一石二鳥だ。ただし忘れ物にはご用心を!

● 専門家プロフィール:山縣 義文
ライオン株式会社のお洗濯マイスター。家庭向けおよび業務用洗浄剤の研究・開発に約30年携わる。日々の洗濯が楽しく、快適に行えるよう、技術に基づいたノウハウをわかりやすく伝えている。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)