戦うor丸く収める?「職場で怒られた」とき取るべき大人対応とは

写真拡大

上司から職場の皆の前で大声で叱咤される……こんな経験、ありませんか? それが自分にとっては理不尽な内容だった場合、あなたならどうしますか?

言い返す? なんなら、キレ返す!? それともやっぱり、大人としてその場はグッと我慢?

できることなら遭遇したくないこんな場面、もし自分の身に降りかかったら……どんな対応がベストなのでしょうか?

■皆の前で叱咤……芸能界でも、あなたの職場でも!?

9月某日、お昼の情報番組。女性コメンテーターがある討論テーマに対し「(前回の出演時も意見を言ったし、進捗状況もつかめていないので)これ以上の意見はもうない」と発言したことに、メイン司会者の男性が激怒。

その怒りの裏には、コメンテーターの仕事をしに来ているのに意見を言わないとは何事だ、という気持ちがあったようなのですが、その怒りっぷりに周りも引き気味。

言われた女性もショックを受けたのか直後は口ごもってしまい、隣に座っていた出演者がフォローしてなんとか場を収めた、という展開でした。

テレビ番組、という特殊な舞台での話ですが、場面を皆さんの職場に置き換えても、同じようなことって起こりうると思いませんか?

■パワハラはすぐには一掃されない! 職場トラブルから我が身を守る対処法とは

ミスをしたり自分の意に沿わない仕事をしたりする部下を、皆の前で怒鳴りつける……。“パワハラ”という言葉が浸透し、世間の目が厳しくなっているとはいえ、これまでの悪しき慣習が消えるのは時間がかかるもの。

残念なことに、まだまだ全てのコミュニティでこんな“パワハラ的上司”がいなくなった、というわけではないと思います。

もしあなたが先述の女性コメンテーターのような場面に遭遇してしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

見ていてハラハラする場面だった、先述のテレビ番組。しかし、職場トラブル発生時の対応として、模範的とも言える流れになったのです。

■遭遇したくない職場トラブル……発生時の模範行動とは

まず、責められていた女性は、男性司会者がヒートアップして話し続けている間は沈黙を保っていました。大声を出されたショックで何も言えなかった、という面もあったと思いますが、そうだとしても怪我の功名。

怒りに沸騰してしまっている相手に同じテンションで対抗しても、収拾がつかなくなるだけ。ここは冷静になった方の勝ちです。

そして男性が一息ついたチャンスを見て、「私はこう思ったんです」とやんわりとひとこと反論していたのですが、このタイミングも絶妙。

どんなに言い訳したくても、相手の言葉を遮ってはきっと火に油でしょう。

その後もまた畳みかけるように責められ続けていたものの、見かねた周囲から助け舟が。ウィットに富んだその助け舟のおかげで、思わず全員が笑ってしまう、という結末。これもまた、理想的な場の収まり方です。

怒られている方が収めようと思っても逆効果だし、怒っている方も「今さら引っ込みがつかない」という状況。うまく収められるのはやはり、第三者しかいないのです。

しかし、こんなとき助けてもらえるかは、普段の行い次第。日頃から周囲と信頼関係を築いているからこそ、助け舟を出してもらえるのだと心得ましょう。

以上、職場で怒られた時にとるべき大人対応についてでしたが、いかがでしょうか?

その状況毎にベストな対応は異なるもので、「これが正解!」と一つのやり方をプッシュするのは困難なものですが、

・ヒートアップしている相手と同じ土俵に立たない

・反論のタイミングを間違わない

・普段から周囲とコミュニケーションを図っておく

こういったことを頭に入れておけば、少なくとも状況の悪化は防げるかも!? しれません。