低カロリーな発酵食品、ギリシャヨーグルト!本場のモノは激ウマだった!

写真拡大 (全7枚)

筆者が5月に行ったギリシャ取材でハマった「ギリシャヨーグルト」。日本では大手メーカーから2011年に発売され、少しずつ名前が知られるようになりました。最近では、いくつものメーカーで発売されています。でも、本場ギリシャで食べたヨーグルトには、本当にガツンとやられました!

[関連記事]【トラベル体験記】地中海式食生活と山海の幸を楽しめるギリシャのおいしい旅!

 

■そもそも、ギリシャヨーグルトとは?

 

大きなパックのプレーンヨーグルトを食べ切らずに取っておくと、翌日には水分(乳清)が出てきますよね? 実はヨーグルトの水分量は約8割もあるんです。

ギリシャヨーグルトは、ヨーグルトを水切りしたものになります。水切りをすると、カサが減って濃縮されます。濃縮の度合いはメーカーによって違いますが、2〜3倍が主流のよう。ということで、同じ重量なら、ギリシャヨーグルトの方がタンパク質量も2倍、3倍になるのです。

ギリシャでは昔から牧畜が盛んで、ヨーグルトは紀元前から遊牧民が作っていました。伝統的なギリシャヨーグルトは、モスリンという薄いガーゼに似た布で濾して脱水させます。水分を抜いたヨーグルトは、クリームのように濃厚でなめらかなギリシャヨーグルトになります。

技術を誇る日本メーカーのギリシャヨーグルトはもちろんおいしいのですが、ギリシャで初めてギリシャヨーグルトを食べた時は、ナニコレ!? とビックリしました。
ねっとり濃厚で、コクがあり、超なめらか〜! ミルキーな感じと心地よい酸味とのバランスがよく、いくらでも食べられます。

 

■ギリシャの朝食に欠かせないギリシャヨーグルト

ギリシャでは、朝食時にフルーツなどを添えてヨーグルトをいただくことが多く、滞在中のホテルの朝食には必ずといっていいほどギリシャヨーグルトが出てきました。

ですから、まずは朝食がギリシャヨーグルトに出合える最初のチャンスです。

私のイチオシの組み合わせは、イチゴ!
果肉がやわらかく、甘さのあるフルーツと相性がいいと思います。

 

■デザート&軽食&ワインのお供にも!

ギリシャヨーグルトは、朝食時だけでなく、食後のデザートとしても食べられます。

ギリシャの山間部にあるスキーリゾートの山小屋では、蜂蜜やナッツをかけたギリシャヨールグトがデザートとして登場しました。ギリシャヨーグルトならではのクリーミーなテクスチャーに、甘いギリシャ産ハチミツがまったり絡み合い、甘美でうっとり。ヨーグルトには心地よい酸味があるので、甘いハチミツと合わせても、後味がサッパリします。

ギリシャはハチミツの生産でも有名なので、スーツケースに余裕があれば、ぜひハチミツをお土産に。日本でギリシャヨーグルトを食べる時に垂らせば、よりギリシャ度がアップすることでしょう。

 

■スイーツ作りにももってこい!

ギリシャヨーグルトは、生クリームとクリームチーズの中間のような質感で、スプーンを逆さにしても落ちないほどの濃度があります。ですから、ただ食べるだけでなく、色々なアレンジも可能です。

例えば、クリームチーズの代わりにチーズケーキの材料としたり、パフェに使ったり、ケーキに添えたりと、スイーツ作りにももってこい。なんてったって、クリームチーズや生クリームよりもカロリーが低いですから、安心して食べられます。

ギリシャ滞在中、フルーツソースを絡めたギリシャヨーグルトを添え、ケーキも楽しみました。

スイーツ系以外では、クラッカー、薄くスライスしたライ麦パンやバゲットなどにギリシャヨーグルトを塗り、生ハムやオリーブ、ピクルスなどをトッピングして、カナッペやオープンサンドにしても。また、適当な具材を混ぜてディップを作るのも簡単で、ワインのお供にもピッタリです。

ギリシャヨーグルトは、発酵食品で乳酸菌が豊富、タンパク質量が多いが、カロリーは低く、ヘルシーでおいしい、とくれば、人気が出ないわけがありません。

ぜひギリシャで食べてほしいところですが、現実にはなかなか難しいので、スーパーでお好みのものを探してみてください。ギリシャ直輸入のギリシャヨーグルトを扱うショップもあるようです。

ヘルシー志向のおいしいもの好きの間では、すっかり定着しつつあるギリシャヨーグルト。

ギリシャの地中海式食生活も注目されましたし、さて、次はギリシャの何が流行るでしょうか?

※2016年5月取材

 

[関連記事]
栄養豊富な発酵食品!カンタン“ぬか漬け”キット

発酵食品人気!ヨーグルトや納豆が自宅で作れます

おなかの調子を整える乳酸菌チョコ!しかも定期便で届きます

(取材・文/綿引まゆみ)

わたびきまゆみ/ワインジャーナリスト

ワイン専門誌や料理系雑誌での記事執筆をはじめ、日本ソムリエ協会webサイトのコラムなどを執筆。ワインセミナー、トークショー、海外のワインコンクール審査員など、幅広い活動を行なっている。チーズプロフェッショナル、ビアソムリエ、コーヒー&ティーアドバイザーの資格も所有。スイーツ好き。