イラク、オーストラリアと対戦する10月シリーズでは26名を選出。代わり映えのしないメンバーが名を連ねた一方、主軸となる欧州組の多くが出場機会を失っているだけに、スタメンの顔ぶれには少なからず変化があるかもしれない。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全6枚)

 9月29日、日本協会はロシア・ワールドカップ・アジア最終予選(第3節:イラク戦、第4節:オーストラリア戦)に挑む日本代表のメンバー26名を発表した。
 
 日本は10月6日にホーム(埼玉スタジアム2002)にイラクを迎え、5日後の同11日にはアウェー(オーストラリア/メルボルン)でオーストラリアと対戦する。
 
 初戦のUAE戦(1-2)、続くタイ戦(2-0)を終え、1勝1敗の成績でグループBではオーストラリア、サウジアラビアに続く3位のハリルジャパン。グループの上位2か国に与えられるロシア行きのチケットを掴むためにも、10月シリーズでは“2連勝”を達成し、ひとつでも順位を上げたい。
 
 メンバー発表に先立ち、ハリルホジッチ監督は「10月は難しい2試合が待っています」と表情を引き締める。もちろん、「2試合に勝つ」と連勝を誓った。
 
 選ばれた26名の内訳をポジション別に見ていくと、GKが3人、DFが9人、MFが7人、FWが7人。以下、基本システムの4-3-3に沿って、各セクションの序列を考察していく。
 
【GK/3人(欧州組1人 国内組2人)】
◎西川周作(浦和)/○東口順昭(G大阪)/△川島永嗣(メス)
 
 9月シリーズからの変更では、林彰洋(鳥栖)が外れて、川島が復帰を果たした。
 
 実績では川島がダントツだが、序列では三番手に。所属クラブで出場機会を得ていないこともそうだが、以下の指揮官の言葉が理由となる。
 
「厳しい戦いに彼の存在感は必要ですが、プレーするかは別問題。経験ある選手のひとりで、コミュニケーションや、(チームを)励ましてほしい。この2試合は今までよりもメンタルを強調していかなければなりません。そのために永嗣を呼びました」
 
 厳しい見方をすれば、今回の川島には“ピッチ上の活躍”はあまり期待されていないようだ。代わりに、選手たちのモチベーションを刺激し、チームをひとつにまとめるなど、裏方としての働きが求められている。
 
 レギュラーはA代表での実績を着実に積んでいる西川で、G大阪で安定したパフォーマンスを披露している東口がこれに続く位置付けだろう。
 
※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=三番手
 
【DF/9人(欧州組5人 国内組4人)】
CB:◎吉田麻也(サウサンプトン)/◎森重真人(FC東京)/〇槙野智章(浦和)/△丸山祐市(FC東京)/△植田直通(鹿島)
 
 5人の面子を見渡せば、吉田と森重の“鉄板コンビ”の牙城を崩せるような候補者は見当たらない。経験のある槙野は故障明けでコンディションに一抹の不安を抱えるだけに、ベンチスタートが濃厚だろう。
 
 9月シリーズでは追加招集だった丸山と植田は、今回は最初からメンバーに名を連ねた。もっとも、ふたりともA代表での出場歴はいまだゼロで、吉田や森重、槙野らに比べれば、序列は大きく下がる。
 
 腰の状態が芳しくなく、今回は選外となった昌子源(鹿島)が万全であれば、丸山と植田の招集はなかったかもしれない。いずれにせよ、チャンスであるのは事実。トレーニングからの必死のアピールで、指揮官の評価を高めたい。
 
右SB:◎酒井宏樹(マルセイユ)/○酒井高徳(ハンブルク)
左SB:◎長友佑都(インテル)/△太田宏介(フィテッセ)
 
 多くの欧州組が所属クラブで思うように出場機会を得られていないなか、“ダブル酒井”は開幕からレギュラーポジションの座を掴み、充実のシーズンを送っている。
 
 酒井宏は9月21日のレンヌ戦で右足を痛め、前半の早い時間帯に途中交代を余儀なくされたが、4日後のナント戦にはフル出場し、勝利に貢献。負傷箇所は完治していなかったようだが、攻守両面でアグレッシブなプレーを見せており、大きな心配はなさそうだ。