写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤフーとユニバーサル・スタジオ・ジャパン運営会社のユー・エス・ジェイはこのほど、インターネット企業としては初となる「マーケティング・パートナーシップ契約」を締結。転売対策への実効性が高さを踏まえ上での契約となる。

Yahoo! JAPANは、昨今の"モノ消費"から"コト消費"へのシフト、また、チケット販売のミスマッチングによる諸問題を背景に、オンラインチケット情報サービス「Yahoo!チケット」にて、新しいチケット流通・認証の仕組みの構築を進めている。現在、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、第三者による人気チケットの不正な転売行為に対して不正転売撲滅を推し進めており、両社で力をあわせ、適正な価格でのチケット販売体制の構築を目指す。

これに伴い「Yahoo!チケット」にて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの1デイ・スタジオ・パス、2デイ・スタジオ・パス、ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2017 パーティ・パスを10月1より販売。また、今後各種イベントのチケットのほか、年内をめどにユニバーサル・エクスプレス・パスの取扱いも予定している。

今後の各種チケット販売においては、「Yahoo!チケット」にて現在構築中の新たなチケット流通・認証の仕組みを両社で活用し、さらに連携を深めることで転売対策も強化していく。