いろんな姿に変化する!餃子アレンジでおかずレパートリーを増やそう

写真拡大

家族みんなが喜ぶメニューと言えば”餃子”ですよね。しかし中身が定番の具材だと、飽きられてしまいがちなのは悩みどころです。そんなときに使える餃子アレンジを一挙ご紹介!



元の記事を見る

食欲を誘うチーズを活用する餃子アレンジ

■ 餃子の皮は具材と一緒にロールする

【材料】 (4本分)
・餃子の皮 : 4〜8枚
・インゲン : 6本
・オクラ : 2本
・ハム : 2枚
・スライスチーズ : 2枚
・マヨネーズ : 適量
・油 : 適量
・大場:お好みで

餃子の皮を使ってハムやインゲンなど具材をチーズと合わせて巻いていく餃子アレンジです。春巻きのようにクルクルと巻くことで、子供も食べやすくなりますね。

■ 歯ごたえあるチキンナゲットも餃子の皮で!

【材料】(2人分)
・餃子の皮 : 8枚
・鶏挽き肉 : 200g
・塩 : 小さじ1/4
・粉チーズ : 大さじ1
・粗挽き黒胡椒 : 少々
・溶き卵 : 大さじ2
・パン粉 : 大さじ3
・パセリ(みじん切り) : 大さじ2
・赤パプリカ(粗みじん) : 大さじ1

子供も喜ぶ一品になるチキンナゲットには、実は餃子の皮を使っています。形を整えた具材の両面に皮を付けて焼き上げているのです。食卓にもお弁当に入れても合うアイデアですね。

■ 和菓子とチーズが餃子になる斬新なアイデア

【材料】
・餃子の皮 : 18枚
・羊羹 : 写真の羊羹の1/2本
・チーズ : QBBベビーチーズ4個
羊羹とチーズを餃子の皮で包み込んで揚げるだけの簡単レシピです。和菓子の羊羹とチーズの組み合わせも、餃子の皮が活用できることにも驚いてしまいますよね。

■ キムチ味のイタリアン?餃子を使ってピザ作り

・【材料】(1枚分)
・素麺(茹でたもの) : 2束
・ぶたひき肉 : 90g
・キムチ : 90g
・ゴマ油 : 大さじ2+小さじ1
・ピザ用チーズ : 大さじ3杯位
・刻み葱 : 大さじ2杯

素麺をピザ生地にして、餃子に使う具材にキムチを混ぜ合わせて作るアレンジです。チーズも仲間入りさせることで、よりボリューミーになりますね。

餃子のアレンジで洋食メニューを並べよう

■ カワイイ見た目の小さなグラタン

・【材料】(1個)
・餃子の皮 : 1枚
・お好みの具 : 適量
・とろけるチーズ : 適量
・パセリ : 適量

小さなグラタンの器の部分は餃子の皮を使っています。自分好みの具材を入れてチーズをのせたらオーブンで焼くだけなので簡単ですよね。お弁当やパーティーで振る舞いたいアイデアです。

■ 餃子の皮で白身魚のラビオリを作ろう

【材料】
・餃子の皮 : 15枚
・モッツァレラチーズ : 2ピース
・白身魚(ちぬ) : 1/2尾
・水(茹でた後ソースになる) : 150cc〜
・豆乳(水と同量か水より多め) : 150cc〜
・塩コショウ : 適量
・黒コショウ(粒) : お好きな量

白身魚とモッツァレラチーズを餃子の皮で包んで作るラビオリは、豆乳を使用したクリームソースで健康にもよいアレンジですね。

■ 大根の葉までちゃんと使ったヘルシー具材のグラタン

【材料】
・大根 : 約1/4本
・大根の葉 : 1本分
・塩昆布 : 大1-2
・干しエビ : 大2
・砂糖 : 大2
・醤油 : 大1
・みりん : 大1
・ごま油 : 大1-2

エビや昆布や大根を煮詰めた具材を使ってグラタンを作るアイデアです。グラタンの中身には大根の葉も混ざっていて、とても健康志向が高いレシピですよね。グラタンの下に餃子の皮を入れ、豆腐を使ったホワイトソースで仕上げています。

■ リンゴと餃子の皮でパイを焼こう

【材料】
・バターもしくはマーガリン : 10g
・リンゴ(角切りにする) : 1個分
・グラニュ糖 : 大さじ1
・リキュール(カルバドス、キルシュ、ラム酒など ): お好みで
・餃子の皮のアップルパイ : 適量
・餃子の皮 : 適量
・揚げ油 : 適量

餃子の皮をパイ生地に変身させるとアップルパイを作ることができるのです!パイの具材であるリンゴのカラメリゼを作ったら、餃子の皮で包み焼きします。いつものパイとは一味違うおいしさが楽しめそうですよね。

■ 形が似てるけど中身が違う?簡単スイーツを餃子の皮で

【材料】
・餃子の皮 : 10枚
・餡子(お好きなものを) : 50g
・フルーツ、寒天など(缶詰もOK) : 適量・お好み
・バジルなど緑の葉(飾り用) : 適当

作り方の手順は餃子と同じでも、中身を餡子にすればスイーツになってしまいます!茹で上がった後に冷水で冷やしたら、フルーツを添えておやつの時間を楽しみましょう!

■ さつまいもとリンゴを使った餃子の皮おやつ

【材料】(約15個分)
・さつまいも : 150g
・りんご : 1/2個
・砂糖 : 大さじ1
・レモン汁 : 小さじ1
・バター : 20g
・シナモン : 少々
・餃子の皮 : 15枚
・水(結着用) : 少量
・揚げ油 : 適量

すり潰したさつまいもと下ごしらえをしたリンゴをレンジで加熱したら、カラッと揚げるだけで完成するスイーツです。甘酸っぱさがおいしいパイを手軽に作れるアイデアですね。

餃子単品は物足りない?スープにアレンジするワザを紹介

■ たっぷり具材の餃子スープで温まろう

【材料】
・生餃子 : 適宜
・春雨 : 乾物で1かたまり
・干し椎茸(あれば)またはキノコ類 : 適宜
・人参など、なんでもアリ : あるだけ
・おろし生姜、ゴマ(あれば) : 適宜
・中華だし、酒、塩、こしょう : 少々

手作りした餃子を何か他の料理にしたいときに試したい餃子アレンジです。春雨やキノコも入れると、ボリューム増加でお腹もいっぱいになりそうですね。余った野菜があるときにも参考にしたいアイデアです。

■ 餃子をたくさん食べたいなら水餃子にしてみよう

【材料】(36個分)
・好みのひき肉(鶏、豚、合挽き) : 150グラム
・木綿豆腐 : 1丁
・万能ねぎ(小口切り) : 1束
・生姜しぼり汁 : 小さじ1
・塩 : 小さじ1/3
・餃子の皮 : 大判36枚
・しょうゆ : 大さじ2
・中華スープ(顆粒だし小さじ1をとかす) : 大さじ3

餃子が大好きだけど揚げ物ばかりは気が進まないという人は、この水餃子スープのアイデアを試してみてはいかがでしょうか。具材には豆腐を使用しているので、たんぱく質もしっかり摂取できて女性には嬉しいですよね。

具材を工夫して餃子の味を変化させてみる

■ チーズとトマトを一緒に入れて気分はイタリアンな餃子

【材料】(25個分)
・餃子の皮 : 25枚
・トマト : 大きめ1個
・モッツァレラチーズ : 半分程度
・バジル : 13枚程度
・塩コショウ : 適量

湯むきしたトマトとモッツァレラチーズを餃子の皮で包み、オリーブオイルで焼いて作るアレンジです。具材として入っているトマトなら、子供も食べてくれると期待できそうですね。

■ みんな大好きケチャップライスとチーズ入りの餃子

【材料】
・ケチャップライス : 適量
・餃子の皮 : 20枚
・ピザ用チーズ : 適量

ケチャップライスが好きという人は、子供だけでなく大人も多いのではないでしょうか。チーズと合わせて餃子の具にすれば、あっという間にお皿の上から餃子がなくなってしまうかもしれませんね。

■ お箸が止まらなくなる蓮根と鶏ひき肉の餃子を作ろう!

【材料】
・鶏ひき肉 : 200g
・蓮根 : 80g
・醤油 : 小さじ1
・味醂 : 小さじ1
・酒 : 小さじ1
・胡麻油 : 小さじ1/2
・おろし生姜 : 少々
・塩 : 少々
・餃子の皮 : 20枚

具材にしている蓮根は叩き砕いているので、鶏ひき肉とも混ぜ合わせしやすく食べやすい仕上がりになります。ひと口サイズだと、つい手が伸びてしまいそうですよね。

■ スパイシーな味付けにする米粉皮の餃子

【材料】(22個分)
・じゃがいも : 200g
・豚ひき肉 : 100g
・玉ねぎ : 1/4個
・青大豆の水煮(枝豆などの好きな豆) : 30g
・にんにく : 1かけら
・クミン : 小さじ1/2
・塩、こしょう : 適量
・カレー粉(赤缶) : 小さじ1と1/2
・サラダ油 : 大さじ1
・米粉の餃子の皮 : 1袋(22枚)
・揚げ油 : 適量

カレー粉が入った餃子の具がスパイシーな味わいを生む具材アレンジです。米粉の皮はデンプンが多く、油の吸収も少ないので健康にも配慮できますね。

■ チーズ入り豆腐ハンバーグのタネは餃子の具材

餃子に使う具材は豆腐ハンバーグに生まれ変わることもできるのです!豆腐を使う料理に仲間入りすることで、高い栄養素を含むメニューができあがります。

■ 餃子作りで余ったネギとニラを使ってたまご丼

【材料】(1人分)
・たまご丼
・卵(中) : 2個
・マヨネーズ : 適量
・塩コショウ : 適量
・焼き肉のタレ : 適量
・オニオンチップス : 適量
・一味or七味 : お好みで

手作り餃子の余ってしまった食材の使い道に困ることがありますよね。ネギとニラが余ったら白飯にひと工夫をして”たまご丼”を作ってみてはいかがでしょうか。

■ 餃子のカタチはひとつじゃない!包まない新たなスタイル

【材料】
・餃子の皮(お徳用)50枚入(モンブラン) : 1袋
・豚のひき肉 : 170g位
・ニラ : 1束
・大葉(青紫蘇) : 20枚
・ミョウガ : 3本
・白菜キムチ : 170g〜200g
・ごま油 : 小さじ1杯

ホットプレート全体に餃子の皮を敷き詰めて具材を入れ、その上から皮でフタを作ると完成する包まない餃子です。プレート面はカリっと上はつるつるの食感が楽しめる方法で、これなら大人数でも楽しく分け合って餃子を食べることができそうですよね。

■ アレルギーは気にしない!小麦や卵を使わない塩麹餃子

【材料】
・にら : 1/2束
・白菜 : 100gくらい
・豚ひき肉 : 150g
・塩 : 小さじ1/2
・酒 : 小さじ1/2
・生姜 : 小さじ1/2
・にんにく : 小さじ1/2
・塩麹 : 大さじ1
・米粉 : 小1
・米粉餃子の皮 : 22枚
アレルギー持ちの人も食べられるように、餃子の皮は米粉のものを使用したアイデアです。焼いても揚げてもOK、塩麹を具材に含めるワンポイントも是非参考にしたいですね。

意外とレパートリーにとんだ餃子料理。ぜひ今夜の一品にしてみてはいかがでしょうか?