東リ(株)は、9月29日、今春以降に発売した新たな内装仕上げ材において、(公社)日本デザイン振興会が主催する2016年度グッドデザイン賞を、2件受賞した。
 受賞したのは、今春新発売の繊維系内装仕上げ材「ファブテックシリーズ(ファブテックタイル/ファブテック腰壁)」、ならびに今夏新発売のタイルカーペットと置敷きビニル床タイル「GXシリーズ(メイオリカ、エトリコ、スティーリア)とルースレイタイルシリーズ(ルースレイタイルLLフリー40NW-EX、ルースレイタイルLLフリー50 NW-EX)」。

 審査委員の評価コメントは以下の通り。

■ファブテックシリーズ
 伝統的な和柄の着物地のような風合いながらも、公共空間に耐えうる強度や清掃性も有している。ファブリック腰壁も用意されているため、床と壁をトータルコーディネートできる魅力もあり、上質なインテリア空間を提供できるデザインとして完成度が高い。
■GXシリーズとルースレイタイルシリーズ
 オフィスではメンテナンス性なども重要で、施工や清掃などにも素材特性としても優れており、様々な視点で考慮されている為、今後、更なるデザイン展開なども期待できる。