人混みのなかで孤独を感じる、人肌が恋しい、世界に自分だけとり残されていく気がする……。繊細な人であれば、ときに孤独感やひとりぼっちの虚しさを感じるのは当たり前。
今回はそんな寂しさを乗りこえる方法についてまとめてみました。

1: 現実の世界と向き合う

寂しさは一時的な感情であって、日々の生活や事実と反することがあります。誰にも愛されていないと感じたり、思い込んだりしてしまうのは、人間の脳が痛みや危険などを察するのに敏感なため。
寂しさに焦点が向けられて、孤独な感情に埋もれてしまうのです。一度感情的になってしまうと、あなたをサポートしてくれている家族や友人の存在を忘れてしまいがち。寂しい感情に支配されてしまったときは現実を思い起こすことで自分の気持ちをコントロールするのが◎。

2: 外部とのコミュニケーションが必須

ふさぎ込んでばかりでは負のスパイラルに巻き込まれて孤独感は増すばかり……。孤独感に支配されてしまうと自分のカラに閉じこもってしまいがちですが、そんなときこそ必要なのがコミュニケーション。
家族・友人・近所の人など相手は誰でも構いません。誰にも打ち明けられない悩みを抱え孤独を感じているのであればインターネットを使って見ず知らずの人に相談するのも◎。
とにかく外部とコミュニケーションをはかることで心のなかを支配している孤独感を断ち切って。

3: 趣味を共有できる相手をみつける

いまやインターネットの時代、マニアックな趣味をもっていようが趣味仲間をみつけるは簡単なこと。自分の好きなことを誰かと共有することができれば自然と孤独感から解放されるはず。まずはネット検索からスタート!

4: 好奇心を刺激する

自分の行動範囲が限られている環境や毎日同じような生活を繰り返していると感じやすい孤独感。そんな孤独感を打破するパワーを持っているのが好奇心。
好奇心を刺激することで毎日の生活が鮮やかにみえてくるはず。知らないお店に入ったり、新しい本を読んでみたり……。ささいなことですが好奇心を刺激するにはじゅうぶん。好奇心は「孤独な時間」を「自由な時間」に変えるための最適なツールです。

5: ひとつの人間関係に執着しない

恋人や友人など親しい人との仲違いは孤独感の原因となってしまうことがあります。そんなときはひとつの人間関係に執着せず、周囲を見渡すことが大切。焦点をずらせば家族の優しさや友人の思いやりなど楽しいことがみえてくるはずです。